相模原市観光親善大使の所谷彩香さん(ツーリズムEXPOジャパン)

ツーリズムEXPOジャパン2018 その2

ツーリズムEXPOジャパン2018
主催 日本観光振興協会 日本旅行業協会 日本政府観光局
日時 2017年9月20日(木) 業界・報道関係者のみ
   2017年9月21日(金) 業界・報道関係者のみ
   2017年9月22日(土) 10:00-18:00
   2017年9月23日(日祝) 10:00-17:00
場所 東京ビッグサイト東展示棟
交通 国際展示場正門駅(ゆりかもめ線)歩3分 国際展示場駅(りんかい線)歩7分

 
相模原市観光親善大使の山村香織さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 第12代相模原市観光親善大使 山村香織さん

 相模原市観光協会さんは最小のコマ割ながらも独自のブースを設置して、しかるべき人も各日お出ましになられるという、ありがたい体制であります。
 
 
相模原市観光親善大使の山村香織さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 第12代相模原市観光親善大使 山村香織さん
 
 これほどマイナーな政令指定都市は珍しいと思いますが、何気に周辺町を吸収して領土拡大してでかい面積を誇っております。
 
 

 
 丹沢山麓や山中湖村(山梨県)に発する道志川まで市域に含まれていることから、都市インフラのみならずいろんな観光資源が揃い、当サイトもキャンプにバーベキューにでかい温水プールと何かとお世話になっておりますが、さらにはリニア中央新幹線の駅が橋本駅(JR横浜線・京王相模原線)付近にできることになっているそうで、将来も明るい相模原市であります。
 
 
相模原市観光親善大使の所谷彩香さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 第12代相模原市観光親善大使 所谷彩香さん

 しかしながら、東京神奈川以外の地からあえてここを訪問しようという人がいるのかどうかは「?」でして、相模原市さんが来年のツーリズムEXPOジャパンへ参加されるのかは非常に微妙なのではと思っております。

 ‥とこの回は、ツーリズムEXPOジャパンが来年は大阪で開催されることによって割を食いそうなご当地さんを紹介させていただきます。
 
 
喜連川温泉さくらメイツの唐沢真由美さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 喜連川温泉さくらメイツ 唐沢真由美さん
 
 こちらは当サイトでは初めて拝見いたしますが、「さくらメイツ2018」すなわち2018年選出の方です。
 
 そもそも「さくら市」はいったいどこにあるのかと、そのようなことから説明しなければならないので、観光PRもさぞご苦労は多いかと思います。
 
 
喜連川温泉さくらメイツの鈴木真由さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 喜連川温泉さくらメイツ 鈴木真由さん
 
 喜連川温泉さくらメイツの場合、活動年度ではなく選出年度で区別しているようでして、かつ任期満了か継続なのかの告知が必ずしもあるわけではないため、現在の活動人数が何人なのか把握することは難しくなっています(当サイトでは2018年度は5名と推測)。こちらはの鈴木さんは「さくらメイツ2016」なのだそうで、もしかするとOGとしての参加かもしれません(要調査)。🌸
 
 
ぐんまコンシェルジュの鎌田あかりさん(ツーリズムEXPOジャパン)
 ぐんまコンシェルジュ 鎌田あかりさん

 ここ「茨城県・栃木県・群馬県」のブースでは、ぐんまちゃんが超絶人気でして、撮影は困難を極めております。
 
 しかしながら、もし京阪神あたりで草津温泉の宣伝なんかしてしまうと、「草津にそんなええ温泉があったんか!」と週末にJRの新快速に乗って関西人がぞろぞろと出掛けて草津駅前で「草津温泉行きのバス乗り場はどこやろ?」とか人に聞いたりでえらいことになる悪寒が‥。
 

ぐんまコンシェルジュさんとぐんま工女隊さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 ぐんま工女隊さんを当サイトの取扱い対象にするかどうかは鋭意検討中ということで‥。
 
 なお、掲載のご承諾をいただく際、写真には美肌加工を施すようお申し付けいただきましたが(笑)、そのような必要はまったくございませんでした。🐴
 
  
常総市観光大使「千姫さま」羽富愛さん
 第16代(2017-2018)常総市観光大使「千姫さま」 羽富愛さん
 
 千姫さまが絶賛配布中なのは、もちろん「うまい棒」であります。駄菓子屋のパチもんラベル系の一商品に過ぎなかったところ、破竹の勢いで売り上げを伸ばし遂には明治のカールを東日本での販売停止に追い込んでしまう凄まじさでありましたが、スマホ時代に指が汚れない個装であったことと、その工場が常総市(茨城県)にあったことは、まさに奇跡の偶然が呼んだ幸運でありました。
 
 
常総市観光大使「千姫さま」の羽富愛さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 「うまい棒」の千姫ちゃまパッケージは早々になくなっておりまして、観光物産協会さんがどこから都合してきたのか、一般販売用の商品を補充しておられます。しかしそれらも一瞬でなくなってしまう千客万来ぶりであります。
 
 鬼怒川決壊の豪雨災害(2015年)以前の先代の「千姫さま」では、千姫まつりのPR主体の地味なものでしたが、「うまい棒」の富が観光資源とそのPR活動を豪華にすることに大きく貢献しました。観光物産を災害復興の原動力にせんとした常総市さんの期待に見事応えたこちらの羽富さんも、まさかここまで活動機会が増えるとは想像しておられなかったことでありましょう。👸🏻
 
 
常総市観光大使千姫さま 羽富愛さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 「千姫まつりの前夜祭に来てましたよね、ふふふ」。どきっ。1年半も前のことを覚えておられる素晴らしさであります。
 
 
 さすがに大阪でPRする機会まではないと思います。いや、神戸-茨城のスカイマーク便もあることだし、意外とアリなのかも?