有田みかん販促イベント(首都圏 2018年10月)

有田みかん販促イベント(正式名称・主催不明)
日時 2018年10月20日(土) 10:00ごろ-13:00ごろ
場所 サミット テラスモール湘南店
交通 辻堂駅(JR東海道本線)直結
 
 
 過去、神奈川県の藤沢市の西端、茅ヶ崎市との境界近くの辻堂駅のホームに降り立ったことは何度かありますが、いずれも寝過ごしのためでして(爆)、そのとき駅の北側にあったのは暗く寂しい広大な空き地でしたが、今ここはテラスモール湘南という駅歩0分のショッピングモールとなっております。駅前の再開発ビルと言えば狭いコマ割りの閑古鳥テナントとシャッターが目立つところ地面階のパチンコ屋さんで何とか耐えしのいでいる大都市ばかりの中、さすがは藤沢市、パチンコ屋抜きで超絶集客の駅前ショッピングモールと公園広場の整備を成し遂げられました。
 
 
テラスモール湘南(神奈川県藤沢市)
 再開発の企画競争を勝ち抜いたのは住友商事グループでして、そのため、住友商事100%子会社のスーパーマーケット・サミットさんが核店舗としてお店を構えています。と言いますか、サミットなら自宅近くのほうを重宝してますので、わざわざここの店を利用するのは最初で最後でありましょう(笑)。
 
 で、ここには、こちらの方が降臨しております。
 
 
有田みかんの首都圏での販促活動を行う有田みかん大使の齋藤瑞月さん(サミットテラスモール湘南店 許可を得て撮影)
 2018(6代目)有田みかん大使 さいとうみずきさん

(追記)漢字表記判明しました。齋藤瑞月さん。
 
 
齋藤瑞月さんは有田みかん大使として試食販促に活躍
 場所がモロに売り場だけに、他のスーパーマーケットさん同様に結構撮影のハードルは高いだろうと覚悟しておりましたが、そこはJAありださんの存在感、すんなりと許可いただけましてありがたきしあわせ。
 
 
極早生みかん「ゆら早生」(和歌山県産)
 今日お持ちだったのは、AQありだのブランドではなく、地味に「和歌山県産」と書かれた、極早生の「ゆら早生」という品種でありました。JA紀州さんのサイトによりますと、JAありだ本所のある有田川町の近くのJA紀州のエリアである由良町で発見選別され、周辺の市町でも栽培されている品種ということです。
 

 
 早生はやや緑がかっていて小ぶりで酸っぱいという印象を持ちがちですが、大使さんに試食させていただいた「ゆら早生」は納得の甘さであります。ということで、この手のみかんは、試食販売が非常に重要ということになりまして、しかるに有田みかん大使さんのお仕事も非常に重要なものということになるのであります。
 
 
有田みかん大使の齋藤瑞月さんは試食販促に活躍
 あたかも「試食を行っております」と声を出しておられるところを撮影したかのように見える写真ですが、カメラの前でそのように見える口元を作るという高等技術によるものでして、そこはさすが有田みかん大使さん素晴らしきということであります。
 
 ライバル県の柑橘の首都圏での販促力が弱まっているという情報でもあるのかどうかわかりませんが、昨年末のAQありだの攻勢は凄まじいものがありまして、さらには、昨年は5名のところ、今年はタイトル写真の左上に見えているポスターの通り7名とパワーアップしています。ということで、年末にかけてあちこちで有田みかん大使さんをお見かけするようになるのでないかと楽しみであります。🍊