熱海梅園梅まつり あたみ桜糸川桜まつり(2020年1月)

ミス熱海桜娘の本田りかさんは熱海市の観光催事で活躍(熱海梅園梅まつり 2020年)第76回熱海梅園梅まつり
主催 熱海市観光協会 熱海市
日時 2020年1月11日(土)~3月8日(日) 8:30-16:00
場所 熱海梅園(静岡県熱海市梅園町8-11)
交通 来宮駅(JR伊東線)歩10分 熱海駅(JR東海道線・伊東線)から伊豆箱根バス 相の原団地行き・来宮循環 梅園停歩1分 清水町・笹良ヶ台循環 梅園入口停歩5分
 
第10回あたみ桜糸川桜まつり
主催 熱海市観光協会 熱海市
日時 2020年1月11日(土)~2月9日(日) 10:00-15:00
場所 糸川遊歩道(静岡県熱海市中央町7-6地先ほか)
交通 熱海駅(JR東海道本線・伊東線・東海道新幹線)歩15分
 
 「桜まつり」のほうは、バスの経路の関係上、熱海駅からの往路は徒歩、復路はバスをお勧めします。行きは下り坂なので楽ですし、帰りはバス停も近く行先は熱海駅なので分かりやすいです。
 
 

 
 いくら早咲きの品種とは言え、まだ桜は咲いていません! 記事執筆時点における市公式サイトの「0.75分咲き」という苦しい表現に萌え。ミス熱海さんのアカウントによりますと、当日は「0.35分咲き」(笑)だったそうですが。熱海市さんが開花している標本木の数を数えて割り算で算出しておられるのでありましょうか。
 
 ここでしかるべきことが行われておりますが、
 
 おおー。

 
ミス熱海桜娘の伊藤あすかさん(あたみ桜糸川桜まつり 2020年)
 第31代ミス熱海桜娘 伊藤あすかさん
 
 しかとお出ましになられています。
 
 
ミス熱海梅娘の小竹珠利亜さんとミス熱海桜娘の本田りかさん(糸川桜まつり 2020年)
 第31代ミス熱海梅娘 小竹珠利亜さん 同ミス熱海桜娘 本田りかさん
 
 ここでは「桜茶」をふるまっておられます。いただいたところ、「桜湯」のような感じであります。
 
 
糸川桜まつりで振舞われる「桜茶」(静岡県熱海市)
 ステージMCによりますと、熱海の「桜まつり」と「梅まつり」が同時日スタートとなるのは初めてなのだそうであります。
 
 
 
 
 ということで、梅まつりが行われている熱海梅園のほうですが。
 
 
松尾芭蕉の句碑「梅が香に のっと日の出る 山路かな」(熱海梅園)

 (梅が香に のっと日の出る 山路かな 芭蕉)
 
 
熱海梅園の開花の様子(2020年1月12日時点)
 満開はまだ先になりそうですが、梅の方は入園料を徴収するに値する程度には開花しております。
 
 そして、花よりも楽しみなのは、もちろんこちらですが、
 
 
東明(熱海市)の「梅あんドーナツ」(「熱海梅園梅まつり」にて購入)
 「梅あんドーナツ」なる新商品が登場しております! これも熱海梅園の梅を使用しているとのことであります。お試し期間がいつまで続くのか分かりませんが、この日はお得なことに400円税込での販売でありました。これは個人の好みによるものの、昨年食させていただいた「梅きんつば」は甘過ぎな感じがしましたが、こちらの「梅あんドーナツ」は万人に好まれるお味ではないかと思います。
 
 さらにもっとお楽しみなものですが、
 
 おおー。
 
 
「ミス熱海梅の女王」杉本和香奈さん(熱海梅園梅まつり 2020年)
 第31代ミス熱海梅の女王 杉本和香奈さん
 
 つつがなく降臨しておられます。
 
 なお、廃止を逃れても賞金の減額や減員の話が後を絶たない日本各地の公共ミスですが、そんな中、まことに素晴らしいことに5名体制を維持したまま先代からミス熱海の賞金が増額されておりまして、梅の女王は30万円となっています。
 
 そして、
 
 
「ミス椿の女王」原川朋華さん、「ミス大島」竹中愛佳さん(熱海梅園梅まつり 2020年)
 大島町(東京都)からもお出ましになられています。
 
 熱海市と大島町とは特に姉妹都市とはなっていないようですが、梅まつりでも「熱海・大島交歓会」のセレモニーが行われるなど、相互の催事への訪問参加があり交流は活発なようでありまして、梅まつりの初日には、ミス大島さん&ミス椿の女王さんが降臨されるのが恒例となっている模様です。
 
 
「ミス椿の女王」原川朋華さん、「ミス大島」竹中愛佳さん(熱海梅園梅まつり 2020年)
第28代ミス椿の女王 原川朋華さん 第63代ミス大島 竹中愛佳さん  
  
 なぜ大島町には「ミス椿の女王」と「ミス大島」の2ミスが併存しているのかについては、過日の記事で触れていましたのでご参照ください。
 
 それにしてもミス椿の女王さんに拝謁させていただくのは実に4回目でして、役場さん&観光協会さんの気合が伝わってまいります。
 
 
熱海・大島交歓会でスピーチを行う「ミス大島」竹中愛佳さん(熱海梅園梅まつり 2020年)
 スピーチを行うのはミス大島さんであります。
 
 これは、島外者からも広く募集される椿の女王(当代は28代目)よりも、63代目とより長い歴史があり、かつ島内から選ばれることから町民の代表という考え方により、ミス大島の方が「格上」ということになっているからであると推測します。
 
 

 
 この記事を書いている時点ではGoogle地図はまだ経路検索の対応ができていませんが、熱海市-大島町は東海汽船の航路で結ばれています。ということで、椿まつりの宣伝に力を込めるミス大島さんであらせられます。
 
 
「ミス椿の女王」原川朋華さん、「ミス大島」竹中愛佳さん、「ミス熱海桜娘」本田りかさん、伊藤あすかさん、「ミス熱海梅の女王」杉本和香奈さん、「ミス熱海梅娘」佐藤未菜さん、小竹珠利亜さん(熱海梅園梅まつり 2020年)
 上の写真からミス熱海さんを抜き出させていただきますと、
 
 
「ミス熱海桜娘」本田りかさん、伊藤あすかさん、「ミス熱海梅の女王」杉本和香奈さん、「ミス熱海梅娘」佐藤未菜さん、小竹珠利亜さん(熱海梅園梅まつり 2020年)
 第31代ミス熱海桜娘 本田りかさん 伊藤あすかさん
 第31代ミス熱海梅の女王 杉本和香奈さん
 第31代ミス熱海梅娘 佐藤未菜さん 小竹珠利亜さん
 
‥が、これから2年間の任期に臨まれる方々であらせられます。
 
 催事の模様は地元のブロガーの皆さまが詳しく報告されることでありましょう。ということで例によりまして当サイトではあっさりと省略いたします(笑)。
 
 
(追記)
 気づくのが遅すぎでありますが、梅娘の小竹珠利亜さんは、
 
小竹珠利亜さん(左=2018ポートクイーン千葉 右=第31代ミス熱海梅娘)
‥2018ポートクイーン千葉の小竹珠利亜さんであらせられることが判明しましたので謹んでお伝えいたします。