ツーリズムEXPOジャパン2019 その4

ツーリズムEXPOジャパン2019
主催 日本観光振興協会 日本旅行業協会 日本政府観光局
日時 2019年10月24日(木) 業界関係者のみ
   2019年10月25日(金) 業界関係者のみ
   2019年10月26日(土) 10:00-18:00
   2019年10月27日(日) 10:00-17:00
場所 インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5−102)
交通 中ふ頭駅(大阪メトロ南港ポートタウン線)歩5分 コスモスクエア駅(大阪メトロ中央線)歩9分
 
(タイトル画像の落書きは当記事とは金輪際関係ありません笑)
 
 
 当記事「その1」におきまして「観光族」云々の動向に触れておりましたが、その賭博リゾート利権に群がる人たちのうち、議員さんの集まりは「IR議連」と言うのだそうです。


 この記事を書いてる現在、賭博型リゾート(GR)統合型リゾート(IR)で俺たち楽してボロ儲け「地域活性化」を推進するIR議連の当時の副会長さんが中華人民共和国の賭博ビジネス業者からIR参入に関する賄賂を貰っていた疑いとかでニュースになっていて楽しませていただいていますが、その人、衆議院沖縄1区出馬(落選し比例区復活)の議員さんなんだそうであります。

 しかも、哀れにも年末に特捜さんにパクられて家族団らんで楽しく過ごすはずだったお正月を寒い留置場で寂しく迎えた人は、浦添市(沖縄県)の元市会議員さんと伝えられています。
 

 その人のFacebookリンク先から引用させていただきますと、『では、浦添市のキャンプキンザーという広大な土地はどのような開発がいいのだろうか。私は、世界的にも有数な最高級リゾートホテルを中心とする国際的なリゾート地区およびカジノの誘致を提案している』
‥だそうで、賭博ビジネス業界と政界との仲介役となって暗躍活躍することを、昔から目標にしていた通り見事に実現されたんだということのようです。
 てか、不意に特捜さんに踏み込まれてアカウントを停止する猶予さえも与えられなかった元議員さん萌え。
 でもまあ政治家の金銭犯は改元や皇族ご成婚とかの際の恩赦で罪自体が揉み消されて復権するから、やり直しの機会はいくらでもありますので、それを励みに‥(←フォローになってない)。

 なんでこんな話題を出すのかと言いますと、賭博観光族さんたちの沖縄へのIR設置の夢が遠のいて著しくモチベーションが下がり、2020年のツーリズムEXPOジャパンin沖縄が非常ーに盛り上がりに欠ける寂しいものとなりそうな気がするからであります。
 
 沖縄開催にしたのは失敗だったと言われないためにも、「たかが数百万の賄賂でガタガタ言うなや、数百億以上ガメても関西空港から高跳びしてベイルートで幸せ満喫なお正月を迎えて世界一うまいワイン飲んでいる奴もいるじゃないか‥」とかの批判矛先転換論でも展開するなりして、沖縄の賭博観光族さんたちの意地を見せて貰いたいものです。例えば、賄賂を貰っていた国会議員さんやバラ撒いていた元議員さんをド派手な「沖縄カジノリゾート」のブース前に立たせて盛大に呼び込みをして貰うとか、ツーリズムEXPOジャパン開催を誘致した以上は、それくらいの落とし前は必要ですよね。
 
 なお、関西エアポートさんの名誉のために付け加えさせていただきますと、何度か利用させていただいていますが、関西国際空港は出国、入国ともに検査はとても厳重です。いずれも荷物のエックス線照査は表で通した後裏返して通す「2度通し」で、さらには、ハンドキャリー、キャスターバッグともに収容物すべての取り出しを命じられ、せっかく丸めて圧縮した下着類も広げさせられるほど警戒レベルが高いです。単に税関さんがLCCエコノミー席の貧乏客を「15分間通関サービス」で嫌がらせをしてファーストクラスとプライベート機の客を「1.5秒通関サービス」で優遇しているだけの話であります
 
 
 と何の社会的価値も感じられない冗長駄文を飛ばしてするするとスクロールしてきた皆さまお待たせいたしました。2019年大阪開催の模様の続きであります。
 
 
第33代小林コスモスレディの古川智美さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 第33代(2019)小林コスモスレディ 古川智美さん
 
 小林市(宮崎県)の位置や特産品の紹介はこちらの記事をご覧ください。
 
 古いことはよく分からないのですが、小林コスモスレディさんがツーリズムEXPOにお出ましになるのは恐らく初めてではないかと思います(要調査)。
 
 
第33代(2019)小林コスモスレディの古川智美さん
 都道府県ごとの最低賃金は、2019年末時点では「単独最下位」となることを嫌った下位の県が申し合わせた時給791円が最低となっており、宮崎県もそうなのですが、小林コスモスレディの日当はわずか半日3,000円、全日6,000円であります(別途交通宿泊費実費)。
 
 東京圏とそれ例外との格差の大きさは何度か当サイトでも取り上げていますが、それにも増してあまりにも大き過ぎます。手取り分のみの負担としていることは、派遣先で観光宣伝ができることの対価と考えることもできるので、それはそれで妥当という考え方もありますが、何しろ日当は小美玉市(茨城県)の半分であります。宮崎県に所縁や取引のある業者さんは、コスモスレディさんをどんどんお招きして小林市に好感度アップしていただきましょう。
 
 それにしても、大都会の1人お呼びするための派遣料は、例えば、ソメイヨシノ桜の観光大使(東京都豊島区)で半日15,000円、横浜観光親善大使(横浜市)は一日30,000円です。地方とのこの格差の巨大さは一体何なのでありましょうか。政府非政府の観光業向け持続可能な開発目標(笑)には「現在5倍あるコスモスレディと桜の観光大使の派遣料の格差を地方の人件費(≒景気)を改善することにより1.2倍程度になるまで縮小させる」を付け加えることをお勧めします。
 
 
平成30年度(2018-2019)ミス別府の日隈祐希さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 平成30年度(2018-2019)ミス別府 日隈祐希さん
 
 任期2年間で毎年2名募集の4名体制となっているミス別府、今年はこの方がお出ましです。
 
 
ミス別府の日隈祐希さんは別府市を全力PR中?(ツーリズムEXPOジャパン)
 この素人カメラマンはこういう構図がお好みだろうとの洞察力はさすが2年目であらせられます。

 あのー、できましたら右手でご当地を示して欲しいのですが‥。
 
 
ミス別府の日隈祐希さんは別府市を全力PR中?(ツーリズムEXPOジャパン)
 「はい(╹◡╹)」
 
 惜しい(笑)。うまく伝えられませんでした。わざとボケて来場者を喜ばせてやろうというミス別府魂によるものでありましょうか。あるいはこちらのお嬢様は大分市在住or在勤or在学なのかも???
 
 えー、大分市がご当地の方は正しくはこちらであります。
 
 
第7代(2018-2019)大分市観光キャンペーンレディ 工藤栄華さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 第7代(2018-2019)大分市観光キャンペーンレディ 工藤栄華さん
 
 キャンペーンレディさんの夏場の装いがご覧になりたい方はこちらの記事をご覧ください。
 
 
2019年度ロマン長崎の苑田大誠さんと岩本恵子さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 おおー、男性のしかるべき人は、ツーリズムEXPOではとても久しぶりな気がします。
 
 
親善大使ロマン長崎の苑田大誠さんは長崎市の観光PRに活躍(ツーリズムEXPOジャパン)
 2019年度ロマン長崎 苑田大誠さん

 長崎新聞ほかによりますと、ロマン長崎としては初の男性とのことであります。皆さまご存知の通り、一般的には男性枠を特に設けていないご当地では男性のしかるべき方の選出自体が稀、応募自体が僅少となっていまして、令和の時代には日本男児の実力をもっともっと拝見させていただきたいと思うのであります。
 
 
親善大使ロマン長崎の岩本恵子さんは長崎市の観光PRに活躍(ツーリズムEXPOジャパン)
 2019年度ロマン長崎 岩本恵子さん
 
 横浜で初仕事に臨まれたときのお姿はこちらの記事をご覧ください。
 
 
親善大使ロマン長崎の苑田大誠さんと岩本恵子さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 今年もまたツーリズムEXPOジャパン降臨時のお衣裳は見事ですが、男性がおられるほうがメディアさんが好きそうな構図が得られやすいというような利点もある気がします。
 
 
薩摩川内親善大使の窪田まりこさんと岸本愛莉さんは薩摩川内市(鹿児島県)を絶賛PR中(ツーリズムEXPOジャパン)
 第7代(2018-2019)薩摩川内親善大使 窪田まりこさん 岸本愛莉さん
 
 薩摩川内市はこちらにあります。
 

 
 合併で何気に広い面積で、甑島列島までも領土にしておられます。
 
 
2019いちき串木野PRレディの水流由絵さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 2019いちき串木野PRレディ 水流由絵さん
 
 タスキの表記はそのままですが、公式サイトでも近年は「いちき串木野PRレディー」から「‥レディ」(長音「ー」なし)に表記を統一しつつありますので、当サイトのデータベース上の表記も、この度「‥レディー」から「‥レディ」に変更いたしました。
 
 いちき串木野市はこちらにあります。
 

 
 って、薩摩川内市のお隣ではないですか。お隣同士で制服まで同じという仲の良さでありましょうか。心情的には、新幹線に素通りされてしまい、鹿児島空港とを結ぶバスからもシカトされてしまったいちき串木野の市の方をより応援してしまいます。
 
 
かごしまCHAガールの森田茉莉花さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 第1期(2015-)かごしまCHAガール 森田茉莉花さん
 
 ほっと喉を潤せるありがたい刹那でありました。美味しい「かごしま茶」、ごちそうさまです。
 
 
第1期かごしまCHAガールの森田茉莉花さんは鹿児島茶のPRに活躍(ツーリズムEXPOジャパン)
 かごしまCHAガール何期生であるかはお衣裳の柄で分かるみたいでして、こちらの森田さんはCHAガール創設時からの生え抜きということになると思います。
 
 
第43代「ミスハイビスカス」屋宜わかなさんは沖縄市の観光資源をPR中(ツーリズムEXPOジャパン)
 第43代(2019-2020)ミスハイビスカス 屋宜わかなさん
 
 かつては指宿市、知名町、与論町(いずれも鹿児島県)にも存在していた(当サイト調べ)と伝えられるミスハイビスカスですが、現在は沖縄市(沖縄県)のみとなっています。
 
 その沖縄市は、こちらにあります。
 

 
 今年こそ那覇-コザ(沖縄市)-名護を結ぶ高速鉄道(行政側呼称では「沖縄鉄軌道」)の着工となりますでしょうか。
 
 
第43代ミスハイビスカスの屋宜わかなさん
 ミスハイビスカスは、当代から選出時期が初夏から11月に変更され、任期が2年に延びています。2018年は半年間のミス不在期間が続きなかなか募集告知がされず廃止が危ぶまれましたが、賞金を半減させたうえで任期を2019年1月開始の2年間とすることで何とか乗り切ったと見られます。
 
 
泡盛の女王の喜納舞杏さんは沖縄県産酒のPRに活躍(ツーリズムEXPOジャパン)
 2019年度(第34代)泡盛の女王 喜納舞杏さん
 
 お酒系ミスで当サイトが取扱い対象にしているものは、こちらの泡盛の女王(沖縄県酒造組合)と、ミス薩摩焼酎・ミス奄美黒糖焼酎(鹿児島県酒造組合)の2件となっています。酒造組合は、お米系ミスや果実系ミスを主催する農協(の連合会等)と同じく生産者団体であります。単一の酒造会社のミスとは明らかに異なりまして、酒類業組合法に基づく団体の1つによる主催ということから、その公共性は高いものとなります。
 
 
泡盛の女王2019の喜納舞杏さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 今年は「盛り泡ろう!」の振付披露はないそうです。無念。
 
 1年前の模様はこちら。
 

 2018年度(第33代)泡盛の女王 新里葵さん
 
 
ミス沖縄2019クリーングリーングレイシャスの譜久里美樹さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 ミス沖縄2019クリーングリーングレイシャス 譜久里美樹さん

 クリーングリーングレイシャスの言葉の意味自体はおぼろげに分かるのですが、なぜミス沖縄のサブタイトルに使われているのかは判明していません。よそ者の大和の感覚では「スカイブルー」「コバルトブルー」ならば、次に来るのは「コーラルグリーン」あたりかと思ってしまうのですが。 
 
 
ミス沖縄2019の譜久里美樹さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 公式サイトにミス沖縄の1人当たり平均の年間活動日数が公表されるようになりまして、それによると150日ということで改めて凄まじいものを感じます。勿論、当サイトの知る限りでは(ということは即ち)、日本最繁忙ミスとなっていまして、ほぼ売れっ子の芸能タレントに近い感じです。
 
 
ミス宮古島ティダの下地菜奈さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 第46代(2019)ミス宮古島ティダ 下地菜奈さん
 
 「下地」姓は宮古島に多く同島が発祥らしいと、沖縄地盤の衆議院議員の下地幹郎氏(笑)のツイッターにありました。
  
 

  
 下地島という島が伊良部島と陸続きになっていて、さらに伊良部島が架橋(伊良部大橋=2015年開通)によって宮古島と陸続きになっています。
 
 そして、下地島空港というジェット機対応の高級な空港があって、宮古空港がある宮古島と陸続きになったのならもう要らないんじゃないかとか、どちらか1か所にまとめたらどうかとか、せっかくの離着陸の際に住宅や耕作地の上を通らずに済む好立地なんだから、普天間飛行場の移設先はわざわざ辺野古沖にしなくても埋め立て不要完成済み飛行場のここでいいんじゃないの? とか思うのですが、いろいろと大人の事情があるようです。
  
 と思っていたら、2019年にターミナルビルができて(「みやこ下地島空港」)、ジェットスターの成田-下地島、関西-下地島が開業したとのことで、ますますわからなくなってきました(その後、成田線は減便、関西線は運休)。空港のサイトによると、香港エクスプレス航空の香港-下地島もあって、この記事を書いている時点では、成田線が週3~4便、香港線は週3便となっています。つまり、みやこ下地島空港は、宮古空港で余裕でさばける平均1便/日に満たない発着となっていまして、無駄遣いのレベルを通り越したそのお金の捨てっぷりは東京都並みに豪快であります。
 
 ということで、人口5.2万人の陸続きの市内にジェット機対応空港が2つ営業中という、2019年から下手な産油国顔負けの豪華さとなっている宮古島市であります。
 
 
第46代ミス宮古島ティダの下地菜奈さん(ツーリズムEXPOジャパン)
 連絡バスの時刻表を見ていて「ドンキホーテ前」という停留所があって「!」。うへー、コンビニがファミリーマートのみと伝えられる宮古島にもドンキホーテがあるのか‥。香港便のお客さんが爆買いしてくれるのかな? でもスターバックスはまだないらしい(スタバよりいいカフェ屋さんがたくさんありそうだし全く問題なさげですか)。