2019年度に活動する龍ケ崎観光アンバサダーの皆さん(龍ヶ丘)

4代目龍ケ崎観光アンバサダー登場!!

2019桜まつり
主催 龍ケ崎市観光物産協会
日時 2018年4月6日(土)10:00-15:00
場所 龍ケ岡公園(茨城県龍ケ崎市中里3-1-2)
交通 佐貫駅(JR常磐線)から関東鉄道バス 白羽一丁目行き さんさん館停歩1分
 
 
 龍ケ崎市駅への改称を聞いていた佐貫駅(JR常磐線)ですが、まだ駅名はそのままでした。
 
JR常磐線の佐貫駅(茨城県龍ケ崎市)
 市公式サイトを拝見しましたところ、東京オリンピック前にJR東日本さんのシステム改修の予定があるとのことで、それに時期を合わせると経費が安上がりになるらしいということが理由のようであります(と言っても億単位のお金は掛かりそうですが)。
 
 また、由緒ある地名である「佐貫」が駅名から消えることに反対する声もあったそうですが、それもまたごもっともであります。
 

 
 現在の龍ケ崎市佐貫町が概ね旧佐貫村の地域に相当すると思いますが、それが上の地図です。以前、牛久沼は牛久市にはなく、全域龍ケ崎市に属していることには触れていましたが、その領土(水利?)確保の功績は佐貫村によるものではないかと推測することができます。あっぱれであります。
 
 ということで、2020年に駅名が「龍ケ崎市駅」に改称されるのはJR東側だけで、すぐ隣にある関東鉄道竜ケ崎線の駅は引き続き「佐貫駅」のまま残るそうです。
 
 ならば調子に乗って牛久沼湖畔の道の駅の建設に合わせて「牛久沼」を「龍ケ崎湖」に改称してはいがかかと思うのですが、そんなことするとますます牛久市から嫌われてしまいそうな気がします(笑)。
 
 
横綱稀勢の里の切手シート(龍ケ崎市桜まつりで購入)
 そう言えば、第72代横綱・稀勢の里関(現16代目荒磯親方)の出身地は「牛久市」とされています。Wikipediaほかによりますと、生育地はほぼ龍ケ崎市であるにも関わらず、中学卒業の手前で牛久市に転居したことにより、そうなっているらしいです。牛久沼を取られた仇を横綱の出身地を取ることで返したということになりましょうか。
 
 
たつのこ山(龍ヶ丘 龍ケ崎市)
 たつのこ山。幼少のころ稀勢の里関はこの階段を上り下りして足腰を鍛えたという‥(日刊スポーツ)。
 
 
龍ケ崎市総合体育館と桜並木
 私も利用させていただいたことがありますが、左奥の建物が龍ケ崎市総合体育館で、ここの温水プールもまた子供時代の稀勢の里関を鍛えたところであります。
 
 市内最高地点だけありまして眺めも最高ですが、おおー。
 
 
龍ケ崎桜まつりの様子
 来ておられます来ておられます。
 
 
2019桜まつりの様子(龍ケ崎市)
 そうそう、今年はサクラが散らぬうちに開催できて何よりであります。
 
 
Ryugasaki Tourism Ambassador (Sakura TAKAHASHI, Hitomi TOMIYAMA, Reiko TAKEDA)
 観光物産協会のブースでお迎えくださったのはこちらの方々。中央の方が新たに選出された4代目、とみやまひとみさん。(お名前とお顔のブログ公開はOKとのことでありがたいことです。が、例によりまして漢字表記はプレスリリース公開後ということで笑)。
 
 なお、今年度から制服にお帽子が追加されました。
 
 
2019年度の龍ケ崎観光アンバサダーの皆さん(とみやまひとみさん、橘素子さん、河野桃子さん、武智柚衣さん、高橋さくらさん、武田怜子さん)
 2019年度に活躍される龍ケ崎観光アンバサダーさんラインアップ。
第4代 とみやまひとみさん
第2代 橘素子さん 河野桃子さん
第3代 武智柚衣さん 高橋さくらさん 武田怜子さん
今年も継続の方がおられまして6名体制が維持されておりありがたいことです。
 
 おまけ
 

 
 マイク握らせたら止まらん河野さん萌え(笑)。
 

この記事をご覧になった方へのおすすめ