TOP > 南九州沖縄 > ミスハイビスカス
 沖縄県 沖縄市 

ミスハイビスカス

 主催団体
沖縄市観光協会 沖縄市
 主催団体を所管する公共団体部局
沖縄市経済文化部文化観光課
 選出方法
 2018年は公募されていました。公開審査があります(11月24日)。
 応募資格
 以下2018年のものの要約です。
 市内在住18歳以上の未婚女性の方が応募できます。ただし、高校生不可です。
 また、他のミスコン受賞やプロモーションガールとの期間重複、モデル専属契約等に制限があることがあります。
 なお、応募時にボディサイズ(身長体重)を申告する必要があります。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2018年は3名でした(募集締切は11月1日)。
 2018年選出の方は43代で、任期は翌年1月から2年です。
 待遇
 2018年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 5万円 賞品 コンテスト出場者:1万円 2次審査対象者:3千円
 さらに調べる
 ミスハイビスカスの画像を検索
 ミスハイビスカスの募集要項を探す
 沖縄市をGoogle地図で見る
 補足情報
 2016年は知らない間にこっそりと募集されこっそりと41代目が選出されていたようです。2016年4月21日付の琉球新報電子版によりますと、「3月末」に最終審査があり、3名が選出されていました。
 沖縄市の「コザウェブ」では、初代からの歴代のミスハイビスカスを掲載しており、新規選出のときの更新も迅速に行われています。
 43代目(2018年募集、2019年1月から活動)において募集と活動について大幅な変更がありました。募集締め切りが3月10日から10月27日に変更され(その後11月1日までに延長)、任期が1年間から2年間に延び、スリーサイズや血液型の申告が必要であったものが、身長体重のみの申告となりました。
 また、応募資格が「県内在住の40歳までの未婚女性」から「市内在住の未婚女性」となり、年齢上限がなくなっています。
 賞金が10万円から5万円、ミス選出者以外のコンテスト出場者が1.5万円から1万円、2次選考出場者が5千円から3千円へと、それぞれ減額されています。
 2次選考時の服装の「パンツ不可」が削除されています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2020年1月に一部情報を更新しました。