TOP > 北部九州 > 宇佐市キャンペーンレディ
 大分県 宇佐市 

宇佐市キャンペーンレディ

 ミス卑弥呼・ミス大神杜女・ミス壱与 とも言います。

 タスキの表記では カラアゲ☆USA も見られます。

 主催団体
宇佐夏越祭り実行委員会 宇佐商工会議所
 主催団体を所管する公共団体部局
宇佐市観光まちづくり課
 選出方法
 2015年は公募されていました。公開審査があります(8月1日)。
 応募資格
 以下2015年のものの要約です。
 市内在住・在勤18歳以上の未婚女性の方が応募できます。ただし、学生不可です。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2015年は3名(各ミス1名)でした(募集締切は7月中旬ごろ)。
 任期は1年です。
 待遇
 2015年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 出場者全員(10名)に賞金
 さらに調べる
 宇佐市キャンペーンレディの画像を検索
 宇佐市キャンペーンレディの募集要項を探す
 宇佐市をGoogle地図で見る
 補足情報
 10名の「ミス夏越(なごし)」からさらに選出された「ミス卑弥呼」・「ミス大神杜女(おおがのもりめ)」・「ミス壱与(とよ)」各1名の方が、宇佐市からキャンペーンレディに任命されます。コンテストは7月末から8月上旬ごろの「夏越祭り」で行われます。
 2011年度までは祭り期間以外もミスを名乗っていましたが、2012年度よりキャンペーンレディを名乗るようになり、キャンペーンレディ表記のタスキも出来たようです。
 2015年時点では、ミス卑弥呼には2年連続で三和酒類の方から、豊和銀行からも2年連続でミスに選ばれていることから、地元の有力企業や官公署の相当な協力なしにはコンテストが成り立たなくなっているのではないかと思います。
 2016年も三和酒類、豊和銀行、地方公務員の方々が選出され、大分合同新聞によりますと、今年の公務員の方は市役所勤務とのことです。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2016年9月に一部情報を更新しました。