日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
TOP > 北部九州 > 佐賀市観光親善大使
 佐賀県 佐賀市 

佐賀市観光親善大使

 かつて 佐賀市観光キャンペーンレディ さがキャンペーンレディ と呼ばれていたものの流れをくんでいます。

 主催団体
一般社団法人佐賀市観光協会
 主催団体を所管する公共団体部局
佐賀市経済部観光振興課
 選出方法
 2020年は公募されていました。
 応募資格
 以下2020年のものの要約です。
 市内在住20歳以上の方が応募できます(年齢は4月1日現在)。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2020年は1名でした(募集締切は2月28日)。
 2020年選出の方は6代で、任期は4月1日から2年です。選出後は2名で活動します。
 待遇
 2020年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 任期満了後5万円
 主催団体公表の出動回数の目安(特記以外は年間1名あたり): 40回
 さらに調べる
 佐賀市観光親善大使の画像を検索
 佐賀市観光親善大使の募集要項を探す
 佐賀市をGoogle地図で見る
 補足情報
 2014年度末ごろに「キャンペーンレディ」から「観光親善大使」に呼称が変更され、2014年度選出の2名は、任期2年目途中からタスキ表記を変更しての活動となっています。
 その経緯から、観光親善大使として初めて募集された2016年選出組は、初代ではなく2代目の佐賀市観光親善大使ということになります。
 2014年は6月応募締切で7月任期開始でしたが、2016年は2月締切4月任期開始に変更となりました。
 2017年から任期2年間で毎年1名募集される形態となっています。年間活動回数が20日程度から40日程度に増加しています。また、手当の金額が非公開になりました(従来は半日5千円-全日1万円)。
 観光親善大使に呼称変更した後も応募資格は「20歳以上の女性」のままでしたが、2020年は「20歳以上の方」の表記になり、性別条件は撤廃されました。
 

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2020年3月に一部情報を更新しました。