TOP > 中国 > 萩観光小町
 山口県 萩市 

萩観光小町

 萩・椿小町 とも言います。

 かつて 萩観光シンボルレディー と呼ばれていたものの流れをくんでいます。

 主催団体
公益社団法人萩市観光協会
 主催団体を所管する公共団体部局
萩市商工観光部観光課
 選出方法
 2018年は公募されていました。
 応募資格
 以下2018年のものの要約です。
 市内在住18歳以上の女性の方が応募できます(年齢は11月1日現在)。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2018年は3名以内でした(募集締切は9月10日)。
 任期は11月1日から2年です。
 待遇
 2018年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 採用時5万円 任期満了時5万円 推薦者1万円
 主催団体公表の活動報酬(特記以外は日額): 5000-10000円
 主催団体公表の出動回数の目安(特記以外は年間1名あたり): 10回
 さらに調べる
 萩観光小町の画像を検索
 萩観光小町の募集要項を探す
 萩市をGoogle地図で見る
 補足情報
 任期2年で2013年(2名選出)、2014年(3名選出)、2015年(募集3名以内)と毎年募集されていますが、2年目の活動は表向きほとんど見られず、ほぼ選出1年目の方のみで活動しているようです。また、2015年募集の選出結果の発表が見つかりません。
 2016年は募集されています。
 2017年は「3名以内」の募集で、任期が切れた後の再応募の方が1名選出され、4名体制が維持されたようです。
 日当は募集要項には記載されていませんが、「行事出席の都度、毎回5000円または10000円の日当を支給。旅費は協会負担」(萩市観光協会)となっています。
 他都市との交流行事への参加時は絣の着物の衣装を着用する「萩・椿小町」を名乗ることがあり、専用のタスキを着用することもありますが、萩・椿小町という独立したプロモーションガールを設けているわけではなく、萩観光小町のシノニム(実体は同じ)となっています。
 また、地元催事で来客接遇を行う「椿小町」(衣装は同じだがタスキを着用しない匿名のアルバイトもしくはボランティア、市職員、協会職員等)とは異なるので、こちらも混同しないよう注意が必要です(椿小町に扮した萩観光小町をモデルにした写真を催事案内等に使用することもあるようなので結構複雑です)。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2019年6月に一部情報を更新しました。