日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
TOP > 近畿 > 有田みかん大使
 和歌山県 有田川町・有田市・広川町・湯浅町  農水産物 
ありだみかんたいし

有田みかん大使

 かつて 有田みかん娘 と呼ばれていたものの流れをくんでいます。

 主催団体
JAありだ共選協議会 ありだ農業協同組合(JAありだ) 和歌山県農業協同組合連合会(JA和歌山県農)
 選出方法
 2019年は公募されていました。
 応募資格
 以下2019年のものの要約です。
 18歳以上の未婚女性の方が応募できます(年齢は4月1日現在)。
 ただし、他のミスコン受賞やプロモーションガールとの期間重複、モデル専属契約等に制限があることがあります。
 なお、応募時にボディサイズ(身長)を申告する必要があります。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2019年は7名でした(応募締切は7月25日)。なお、応募数は77名 (86名 2018年) (50名 2015年)でした(特記以外は2019年)。
 2019年選出の方は7代で、任期は9月から6か月です。
 待遇
 2019年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 任期満了後10万円 二次面接参加者交通費
 主催団体公表の活動報酬(特記以外は日額): 日当 交通費宿泊費
 さらに調べる
 公式サイト
 有田みかん大使の募集要項を探す
 有田みかん大使の画像を検索
 有田川町をGoogle地図で見る
 過剰防疫体制禍による被害
 2020年は募集告知遅延(または中止)となっていました。
 2021年は募集告知遅延(または中止)となっています。
 補足情報
 2014年度の募集要項では「全国で20回、1人で10回程度を予定」の記述でしたが、2015年度は「全国で50回」になりました。2014年実績での年間活動は85人日で、単純に5人で割ると17日となりますが、それをほとんど11月と12月の2か月でこなすことになる短期集中型です。
 前身である「有田みかん娘」時代は、活動内容こそ現在とほぼ同じでしたが、地元の祭りでのコンテスト形式での選出であり、かすりの着物風の地味な衣装でしたが、「有田みかん大使」では「愛媛みかん大使」を模倣した洋装となりました。
 当初は県内在住・出身者に限られていましたが、現在は近畿圏に拡大されており、2015年時点で歴代15名中14名が有名大学の女子学生で占められています。
 「任期終了後制服はクリーニングして返却」とあえて要項に明記しているのは珍しい例です(何も言われなかったら、記念に手元に置いておきたいですよね‥)。
 2018年度は「近畿2府4県在住」の制限が撤廃され、募集人数も5名から7名に増えました。
 公式または公認SNSの画像
SNS投稿の引用は、SNS運営各社の約款に基づく範囲内かつ各社の指定する方法に従ったものとし、違反がないよう留意して行っています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2020年3月に一部情報を更新しました。