TOP > 近畿 > きのくにフレンズ
 和歌山県 全域 

きのくにフレンズ

 和歌山県観光キャンペーンスタッフ とも言います。

 かつて ふれあい紀州路キャンペーンレディ と呼ばれていたものの流れをくんでいます。

 タスキの表記では 和歌山グランプリ も見られます。

 主催団体
公益社団法人和歌山県観光連盟
 主催団体を所管する公共団体部局
和歌山県商工観光労働部観光局観光振興課
 選出方法
 2017年は公募されていました。
 応募資格
 以下2017年のものの要約です。
 県内在住または出身18歳以上の方が応募できます(年齢は3月31日現在)。ただし、高校生不可です。
 また、他のミスコン受賞やプロモーションガールとの期間重複、モデル専属契約等に制限があることがあります。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2017年は3名でした(募集締切は2月6日)。なお、応募数は22名 (24名 2016年)でした(特記以外は2017年)。
 2017年選出の方は34代で、任期は4月1日から1年です。
 待遇
 2017年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 任期満了後旅行券10万円相当
 主催団体公表の活動報酬(特記以外は日額): 5000-10000円 旅費
 主催団体公表の出動回数の目安(特記以外は年間1名あたり): 30-50回
 さらに調べる
 きのくにフレンズの画像を検索
 きのくにフレンズの募集要項を探す
 補足情報
 2015年の「32代」は「ふれあい(ふれ愛)紀州路キャンペーンレディ(ギャル)」時代からの通し番号で、1998年(15代)当時の広報誌によりますと、ふれあい紀州路キャンペーンレディの定員は6名で、賞品は旅行券15万円相当となっていました。
 男性が1回だけ選出されたことがあり、ご本人のブログによりますと2004年の選出で、女性と同じ黄色のジャケットが制服として用意されたけど恥ずかしいので着なかったとか。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2017年10月に一部情報を更新しました。