TOP > 近畿 > はばタンレディ
 兵庫県 全域  催事祭事 

はばタンレディ

 兵庫国体キャンペーンスタッフ とも言います。

 タスキの表記では 2006のじぎく兵庫国体 も見られます。

 既に廃止されているか、近年の活動が確認されていません。

 主催団体
のじぎく兵庫国体実行委員会 兵庫県
 主催団体を所管する公共団体部局
兵庫県のじぎく国体局
 選出方法
 2004年は公募されていました。
 募集人数
 2004年は10名でした。
 さらに調べる
 はばタンレディの画像を検索
 補足情報
 『県民参加のシンボルとして一般公募された10名のキャンペーンスタッフ』(兵庫県広報誌)。2006年兵庫国体の事前PRが主目的であったようで、国体開催中まで活動するのは4名だけだったとの報告が地元の方のブログにあります。
 元々の公式キャラクター(イラストおよび着ぐるみ)が「はばタン」で、それをリアル人間化した存在との位置付けと想像します。
 2年数か月の活動だったのにも関わらず、制服の新調交換があり、広い県内の各地のイベントに隅々まで訪れるなど、予算は潤沢だったようです。猪名川町議会の議事から推測すると、県内各市町村は、はばタンレディを1年に2回派遣要請できるような取り決めがあったと見られます。
 体操服の制服もあり(これも新調交換あり)、「はばタンダンス」「はばタン体操」の披露のほか、子供へ体操指導も行っていました。また、研修には『AEDを使用した心肺蘇生法の講習』まで含まれていました。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2017年5月に一部情報を更新しました。