日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
TOP > 東海 > 斎王さま
 三重県 明和町  催事祭事 
さいおうさま

斎王さま

 斎王役 とも言います。

 主催団体
斎王まつり実行委員会 明和町観光協会
 選出方法
 2021年は公募されていました。
 応募資格
 以下2021年のものの要約です。
 18歳以上の未婚女性の方が応募できます(年齢は4月1日現在)。
 なお、応募時にボディサイズ(身長)を申告する必要があります。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2021年は1名でした(応募締切は2月10日)。なお、応募数は(17名 2020年)でした。
 さらに調べる
 公式サイト
 斎王さまの募集要項を探す
 斎王さまの画像を検索
 明和町をGoogle地図で見る
 過剰防疫体制禍による被害
 2020年は最終的には就任公表済みですが、就任後活動機会消滅となっていました。
 2021年は締切後募集中止となっています。
 補足情報
 参加費2万円を参加者が協賛金として支払う仕組みで、経験者の再応募も可能なようです。協賛金の名目は、記念品、保険、かつら、食事代等と用途が募集要項に示されており、納得できます。意地悪な言い方をすれば「お金で買えるミス」です。
 主催者のサイトによりますと、1989年の5代目から一般公募になり、13代目から町内外から募集されるようになりました。なお、当地には1989年からの一時期「ミスしょうぶ」がいた時代がありましたが、斎王さまとは別の選出であった模様です。
 斎王(さいおう)または斎皇女(いつきのみこ)は、伊勢神宮または賀茂神社に巫女として奉仕した未婚の内親王(親王宣下を受けた天皇の皇女)または女王(親王宣下を受けていない天皇の皇女、あるいは親王の王女)。(Wikipedia)
 祭祀のため伊勢神宮に通勤する斎王が住んでいたのが斎宮(さいくう)で、明和町(めいわちょう)にその遺跡があります。「斎王まつり」では6月第1土曜に郡行の配役紹介、翌日曜に郡行が行われます。(明和町公式サイトほか)
 2020年は選出発表後に斎王まつりの中止が発表されています。
 その後、2020年10月に「斎王伝承式」(式典)のみが9月20日に行われていたと主催者のサイトで発表されました、観客はごく一部の限られた人のみであったと見られます。来年の募集の有無については、その時点では言及されていません。
 2021年も募集されました、(その後、「出演者募集は中止します」の告知がされました。)
 公式または公認SNSの画像
SNS投稿の引用は、SNS運営各社の約款に基づく範囲内かつ各社の指定する方法に従ったものとし、違反がないよう留意して行っています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2021年5月に一部情報を更新しました。