TOP > 北陸甲信 > 下諏訪観光宣伝大使
 長野県 下諏訪町 

下諏訪観光宣伝大使

 「下諏訪宿・姫」「下諏訪 姫」 下諏訪観光大使 とも言います。

 かつて しもすわ観光親善大使 と呼ばれていたものの流れをくんでいます。

 主催団体
下諏訪観光協会 下諏訪町
 主催団体を所管する公共団体部局
下諏訪町観光振興局
 選出方法
 2016年は公募されていました。公開審査があります(11月3日)。
 応募資格
 以下2016年のものの要約です。
 諏訪地方在住・在勤18歳以上の女性の方が応募できます。
 ただし、他のミスコン受賞やプロモーションガールとの期間重複、モデル専属契約等に制限があることがあります。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2016年は3名でした(募集締切は10月5日)。なお、応募数は7名 (13名 2013年)でした(特記以外は2016年)。
 2016年選出の方は3代で、任期は11月から3年です。
 待遇
 2016年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 賞金 副賞 出場者全員:交通費
 さらに調べる
 下諏訪観光宣伝大使の画像を検索
 下諏訪観光宣伝大使の募集要項を探す
 下諏訪町をGoogle地図で見る
 補足情報
 2011年に『江戸時代末期、皇女和宮(かずのみや)(1846-77年)が徳川家に嫁ぐ際に中山道下諏訪宿に宿泊してから、150年の節目を迎えたのを記念して企画』(信濃毎日新聞)された「下諏訪宿・姫コンテスト」で選ばれた方が観光宣伝大使になります。2013年は未婚の制限がなくなりました。
 2013年選出3名のうち1名の方は2015年3月に「諏訪エリア観光宣伝大使」にも選出されましたが、「下諏訪観光宣伝大使」の任期の同年10月までは「下諏訪」のほうのFacebook更新もこなしていました。つまり、2015年4月から10月までは「下諏訪」兼「諏訪エリア」観光宣伝大使であったことになり、複数の公募制の観光大使を兼任する極めて稀なケースでした(任期内の兼任は禁止されることが多いですが、下諏訪観光協会が諏訪地方観光連盟に加盟する良好な主催者間の関係であるので、当事例では支障なかったと考えられます)。
 2015年は「下諏訪」のほうの募集がされていないようで、当面大使不在の状態が続くことになりそうですが、「諏訪エリア」のほうでその役割を担ってくれるのではないかと思います。
 2016年は募集が再開されそうです。
 任期は3年となりました。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2016年11月に一部情報を更新しました。