日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
 TOP > 北陸甲信 > 湖衣姫
 山梨県 甲府市 

湖衣姫

 かつて 由布姫 ミス湖衣姫 と呼ばれていたものの流れをくんでいます。

 主催団体
湖衣姫コンテスト実行委員会 一般社団法人甲府青年会議所 公益社団法人やまなし観光推進機構
 選出方法
 2020年は公募されていました。公開審査があります(4月3日)。
 応募資格
 以下2020年のものの要約です。
 18歳以上の女性の方が応募できます。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2020年は1名でした(募集締切は3月13日)。2020年の応募数は不明です(231名 2018年) (236名 2015年)。
 2020年選出の方は17代で、任期は4月から1年です。
 待遇
 2020年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 グランプリ(1名):30万円 副賞 準グランプリ(2名):5万円 副賞 旅行割引券
 さらに調べる
 湖衣姫の画像を検索
 湖衣姫の募集要項を探す
 甲府市をGoogle地図で見る
 補足情報
 準グランプリ含む3名がコンテスト翌日の湖衣姫行列に参加しますが、1年間観光催事や物産のPR活動を行うのは、現在はグランプリ1名のみのようです。
 そのため、2011年の賞金はグランプリ30万円、準グランプリ5万円でしたが、2014年はグランプリ20万円、準グランプリは副賞のみとなり、2015年はグランプリのみ30万円に戻っています。居住地の制限がなく、2015年の応募者数は200人を超えました。
 なお、こちらとは別に甲州市のふるさと武田勝頼公まつりでも湖衣姫が公募されますが、甲州市のほうは純粋な一般の方の時代行列配役の募集で、実名での観光PR活動はないようです。いずれにせよ、甲斐から諏訪にかけての湖衣姫人気は高く、他の市町村にも湖衣姫がいるかもしれません。
 名前不詳の武田勝頼の母である諏訪御寮人(御料人とも表記)もしくは諏訪御前の「湖衣姫」は、新田次郎版「武田信玄」における名で、そのときの大河ドラマの原作に基づく配役名により異なり、当コンテストでも「風林火山」の放映があった2007年前後は「由布姫」とされていたようです。
 2020年は準グランプリの賞金額面も公表されるようになっています。
 2020年は、『新型コロナウイルスの感染拡大を受けて』(甲府青年会議所)コンテストの4月4日実施は見送りとなり、『延期となるか、または中止となるかについては追って当ホームページ上にて告知いたします』(同)としています(2020年3月9日時点)。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2020年3月に一部情報を更新しました。