日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
TOP > 北陸甲信 > とやま食の王国大使 ふふふ
 富山県 全域  農水産物 
とやましょくのおうこくたいし ふふふ

とやま食の王国大使 ふふふ

 かつて とやま特産大使 と呼ばれていたものの流れをくんでいます。

 主催団体
富山県
 主催団体を所管する公共団体部局
富山県農林水産部農林水産企画課
 選出方法
 2021年は公募されていました。
 応募資格
 以下2021年のものの要約です。
 県内在住18歳以上の方が応募できます。ただし、高校生不可です。
 なお、応募時にボディサイズ(身長 靴)を申告する必要があります。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2021年は3名でした(応募締切は7月15日)。なお、応募数は不明(30名 2020年)(21名 2019年)でした。
 2021年選出の方は5代で、任期は9月下旬から1年1か月です。
 待遇
 2021年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 県産米60㎏ 旅行券5万円相当 応募者全員:県産米等
 さらに調べる
 公式サイト
 とやま食の王国大使 ふふふの募集要項を探す
 とやま食の王国大使 ふふふの画像を検索
 補足情報
 『毎年7~8月頃に、新しいとやま特産大使の募集を行います』(公式サイト)とありますが、2015年の募集は確認できません。
 北陸新幹線開業に伴う賑わいもひと段落したことですので、14代の任期は延長されず、しばらく静かになるのではないかと思っています。
 (2016年1月11日追記)当サイトでは2015年末にいったん「廃止等」としましたが、その後2016年1月の活動予定が告知されたことから、任期延長された可能性があります。北日本新聞によりますと「任期は(2016年)3月まで」なので、半年間任期延長されたかもしれません。ただし同時に、かつての「とやま観光レディー」と呼称とタスキ以外は全く同じ(特産大使OGの方の県観光部局のほうでの非公募任用)である可能性もあります。
 (2016年6月10日追記)『とやま特産大使は、平成28年4月から活動休止中です』(公式サイト)とのことですので、再度廃止扱いとしておきます。
 2017年に「とやま食の王国大使 ふふふ」として復活しました。性別の条件は表向き撤廃されています。
 2020年、2021年ともに2019年並みの条件と日程で募集されていますが、過剰防疫体制禍における官民結集の「越中とやま食の王国フェスタ」の縮小と同フェスタ実行委の弱体化により、ほぼ県庁直轄単独主催(≒県立県営ミス)の形態へ変化しています。
 選考落ちした人のSNS投稿によると、参加賞の「富富富」は無洗米2合×3個となっています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2021年9月に一部情報を更新しました。