TOP > 南関東 > シーサイドラインプロモーションガール
 神奈川県 横浜市金沢区・磯子区  公共交通 

シーサイドラインプロモーションガール

 シーサイドラインキャンペーンガール とも言います。

 既に廃止されているか、近年の活動が確認されていません。

 主催団体
株式会社横浜シーサイドライン
 主催団体を所管する公共団体部局
横浜市道路局計画調整部企画課
 選出方法
 2015年は公募されていました。
 応募資格
 18歳以上の方が応募できました。ただし、高校生不可(卒業見込み可)です。
 募集人数
 2015年は3名程度(選出は5名)でした(募集締切は3月15日)。なお、応募数は約100名でした。
 2015年選出の方は初代で、任期は4月から1年です。
 待遇
 2015年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 5万円
 主催団体公表の活動報酬(特記以外は日額): 謝金
 主催団体公表の出動回数の目安(特記以外は年間1名あたり): 20回
 さらに調べる
 シーサイドラインプロモーションガールの画像を検索
 シーサイドラインプロモーションガールをGoogle地図で見る
 補足情報
 横浜シーサイドラインは横浜市出資(63.4%)の第三セクターの新交通システム運営会社で、キャンペーンガールは2015年に新設されました。
 シーサイドラインフェスタの記者発表資料に「続投記念ライブ」とあることから、任期は1年延長されたようです。
 1年目は「キャンペーンガール」でしたが、2年目に入る少し前から「プロモーションガール」に呼称が変更されたようです。当サイトでもそれに従って変更します。
 3年目(2代目)からは、地元出身アイドルへの委嘱の形態に変更されたと判断し、当サイトではいったん廃止扱いにします。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2017年9月に一部情報を更新しました。