TOP > 南関東 > ミス三宅
 東京都 三宅村 

ミス三宅

 あじさい娘 とも言います。

 既に廃止されているか、近年の活動が確認されていません。

 主催団体
三宅村
 主催団体を所管する公共団体部局
三宅村産業観光課
 選出方法
 2001年は公募されていました。
 応募資格
 村内在住・在勤または出身18-29歳の方が応募できました。
 募集人数
 2001年は2名(選出なし)でした(募集締切は8月15日)。なお、応募数は0名でした。
 任期は1年です。
 待遇
 2001年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 50万円
 さらに調べる
 ミス三宅の画像を検索
 三宅村をGoogle地図で見る
 補足情報
 村議会議事によりますと、雄山(おやま)の噴火による全島避難を経て住民帰島から数年後の2008年に募集が復活したようですが、3名募集に対し応募が1名しかなく、コンテストは成立せずミス三宅の復活はならなかったようです。
 さらに遡ると、噴火があったのは2000年6月で、毎年夏に行われていたミスコンは同年中止となりました。避難中の翌年に都庁に設置された仮役場が募集を再開したものの応募者ゼロで、これまた立ち消えになっていたとのことです。なお、賞金は町村の公共ミスとしては破格の50万円が用意されていました。
 つまり、1999年の選出が最後で、その後は募集は2回あったものの選出はなく、事実上廃止状態ということになります。
 しかし、2012年に「ミス三宅」復活と「ミスター三宅」新設、2014年に「あじさい娘(あじさいガール)」の新設を要望するなど、村議会のミス復活の強い意志は衰えていないようで、今後に注目です。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2016年3月に一部情報を更新しました。