日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
TOP > 南関東 > ソメイヨシノ桜の観光大使
 東京都 豊島区 
そめいよしのさくらのかんこうたいし

ソメイヨシノ桜の観光大使

 豊島区イメージガール とも言います。

 かつて ミスアゼリア と呼ばれていたものの流れをくんでいます。

 主催団体
一般社団法人豊島区観光協会 豊島区
 主催団体を所管する公共団体部局
豊島区文化商工部文化観光課
 選出方法
 2020年は公募されていました。公開審査があります(1月23日)。
 応募資格
 以下2020年のものの要約です。
 現在または過去に区内在住・在学・在勤の方が応募できます。
 ただし、他のミスコン受賞やプロモーションガールとの期間重複、モデル専属契約等に制限があることがあります。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2020年は3名でした(募集締切は前年11月30日)。なお、応募数は17名(29名 2016年)でした。
 2020年選出の方は7代で、任期は2月から2年です。
 待遇
 2020年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 協賛企業賞品
 主催団体公表の活動報酬(特記以外は日額): 派遣費用15000円(手取り額不明)
 さらに調べる
 公式サイト
 ソメイヨシノ桜の観光大使の募集要項を探す
 ソメイヨシノ桜の観光大使の画像を検索
 豊島区をGoogle地図で見る
 補足情報
 2012年2名、2010年3名と選出者に(一次選考通過者も)地元・立教大学の女子学生が多く、2014年もお茶の水女子大学、早稲田大学、豊島区職員の強敵を抑えて3名の選出枠を立教大学が独占しました。
 容姿や素養のレベルが高すぎるからか、一般庶民がお目に掛かれる催事よりも、式典等お偉いさんの集まりへの出番の比重が高いようです。
 ソメイヨシノは、江戸時代に染井村の職人がオオシマザクラと他の何らかの桜(現在も不明。エドヒガン系と見られる)を交配させて作り出したとの説が有力となっており、その染井村は『現在の豊島区駒込にあった』(豊島区観光協会ほか)とのことです。
 2016年の選出者の大学名は公表されていないものの、これまた3名とも立教大学で独占と考えていいと思います。
 2018年から立教大学の独占は崩れていると見られます(ただし、同年、2020年とも1名以上の同大学生か卒業生が含まれている模様です)。
 公式または公認SNSの画像
SNS投稿の引用は、SNS運営各社の約款に基づく範囲内かつ各社の指定する方法に従ったものとし、違反がないよう留意して行っています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2020年3月に一部情報を更新しました。