日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
TOP > 南関東 > 中央区観光大使・ミス中央
 東京都 中央区 
ちゅうおうくかんこうたいし・みすちゅうおう

中央区観光大使・ミス中央

 タスキの表記では 中央区観光大使 も見られます。

 主催団体
一般社団法人中央区観光協会 中央区観光商業まつり実行委員会 中央区
 主催団体を所管する公共団体部局
中央区区民部商工観光課
 選出方法
 2019年は公募されていました。公開審査があります(8月31日)。
 応募資格
 以下2019年のものの要約です。
 区内在住・在勤・在学18歳以上の女性の方が応募できます(年齢は8月17日現在)。ただし、高校生不可です。
 また、他のミスコン受賞やプロモーションガールとの期間重複、モデル専属契約等に制限があることがあります。
 なお、応募時にボディサイズ(身長 靴)を申告する必要があります。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2019年は3名でした(応募締切は7月15日)。なお、応募数は不明(99名 2016年)でした。
 2019年選出の方は38代で、任期は10月から1年です。
 待遇
 2019年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 10万円 旅行券10万円相当 ほか豪華副賞
 主催団体公表の活動報酬(特記以外は日額): 謝礼
 主催団体公表の出動回数の目安(特記以外は年間1名あたり): 30回
 さらに調べる
 公式サイト
 中央区観光大使・ミス中央の募集要項を探す
 中央区観光大使・ミス中央の画像を検索
 中央区をGoogle地図で見る
 過剰防疫体制禍による被害
 2020年は募集告知遅延(または中止)となっていました。
 2021年は募集告知遅延(または中止)となっています。
 補足情報
 2003年に「ミス中央」から「中央区観光大使・ミス中央」となり、タスキの表記も「中央区観光大使」となりました。
 活動地域が狭く他都市遠征もほとんどないため移動時間の負担が小さい、埋め立てと再開発による観光資源の増加、富裕層の人口増による候補者供給、大手小売店が多数立地していることによる賞品提供の充実など、最も恵まれた公共ミスと言っていいと思います。有力スポンサーの意向が強く反映されるため、ミスコンも安泰でしょう。
 公式または公認SNSの画像
SNS投稿の引用は、SNS運営各社の約款に基づく範囲内かつ各社の指定する方法に従ったものとし、違反がないよう留意して行っています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2020年7月に一部情報を更新しました。