TOP > 南関東 > ちばモノレールガール
 千葉県 千葉市  公共交通 

ちばモノレールガール

 千葉モノレールガール とも言います。

 かつて 千葉モノレールキャンペーンガール 千葉都市モノレールキャンペーンガール と呼ばれていたものの流れをくんでいます。

 タスキの表記では Chiba Monorail も見られます。

 主催団体
千葉都市モノレール株式会社
 主催団体を所管する公共団体部局
千葉市都市局都市部交通政策課
 選出方法
 2019年は公募されていました。
 応募資格
 以下2019年のものの要約です。
 市内在住・在勤・在学18歳以上の女性の方が応募できます。ただし、高校生不可です。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2019年は3名でした(募集締切は5月7日)。なお、応募数は非公表(44名 2015年)でした。
 待遇
 2019年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 3万円
 主催団体公表の活動報酬(特記以外は日額): 報酬
 主催団体公表の出動回数の目安(特記以外は年間1名あたり): 30日
 さらに調べる
 ちばモノレールガールの画像を検索
 ちばモノレールガールの募集要項を探す
 千葉市をGoogle地図で見る
 補足情報
 千葉都市モノレールは、千葉市が主要株主(91.4% 2015年度時点)の第三セクター鉄道です。
 ちばモノレールガールは2015年10月にスタートしましたが、その半年前に登場した横浜市のシーサイドラインキャンペーンガールの待遇や活動内容と似たものとなっています。
 清家祥子さんのブログによりますと、彼女は2016年3月末でモノレールガールを引退します。今のところ公募はなく他の2名は任期延長されるようなので、2016年4月からは2名体制となる模様です。
 公式twitterによりますと、6月に1名補充され(非公募と思われる)、3名体制に戻りました。
 2017年に募集されましたが、初代に交代があったものの、3代目ではなく2代目となっています。任期開始は10月から4月に変更となり、任期も「6か月(延長可能性あり)」から正式に1年間に変更されています。年間活動回数も20回から30日程度と増加しています。
 2019年に3度目の募集が行われました。条件等は前回募集時と大差ない模様です。任期は非公表ですが、過去実績より基本的に1年で最大2年と見られます。
 2019年時点では、日本唯一の公共交通鉄道・第三セクター鉄道の公募型プロモーションガールとなっています。
 創設時は「千葉都市モノレールキャンペーンガール」でしたが(現在も正式名称はそのままの可能性あり)、その後「千葉モノレールキャンペーンガール」、「千葉モノレールガール」の呼称が使用されるようになり、2代目の募集時以降は「ちばモノレールガール」に統一されています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2019年6月に一部情報を更新しました。