日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
TOP > 北関東 > 喜連川温泉さくらメイツ
 栃木県 さくら市  観光施設 

喜連川温泉さくらメイツ

 さくらメイツ 喜連川温泉PR大使 喜連川温泉広報大使 とも言います。

 主催団体
喜連川温泉施設協議会 さくら市
 主催団体を所管する公共団体部局
さくら市商工観光課
 選出方法
 2020年は公募されていました。
 応募資格
 以下2020年のものの要約です。
 県内在住18-40歳の方が応募できます(年齢は4月1日現在)。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2020年は若干名でした(募集締切は2月28日)。
 2020年選出の方は7代で、任期は4月から1年(更新あり)です。
 さらに調べる
 喜連川温泉さくらメイツの画像を検索
 喜連川温泉さくらメイツの募集要項を探す
 さくら市をGoogle地図で見る
 補足情報
 少なくとも近年では、「さくらメイツ」あるいは「さくらメイツ2017」のような「さくらメイツ」+「活動年度」を正式な呼称としており、「喜連川温泉」を付与しないようです。これは、市においてさくらメイツとは別に芸能スポーツ人委嘱の「喜連川温泉PR大使」を設置しているため、混同を避けるためと見られます。
 2015年は、4名が残留し、1名が新たに選出されました。「荒川さん」が3名おられますが、さくらメイツのブログによりますと、うち2名は姉妹とのことです。
 2015年の募集数は「5名以内」でしたが、2016年は「3-5名」の表現となっています。2013年は3名での活動でしたが、2014年以降は5名での活動を維持することになっているのだと思います。2016年は5名選出され、全員が入れ替わりました。
 近年は制服がなくなっているようで、浴衣や法被姿での活動が多いようです。
 2017年の募集は「若干名」の表現に変わりました。同年度は1名が新たに選出されて3名が継続の4名体制と見られます。
 2018年は若干名募集に対し選出2名です。継続が何名なのかは分かりません。
 2019年度の募集から、年齢上限が40歳までに広がりました。
 創設当初はグランプリ(1名)に賞金5万円と年間入浴パスの賞品がありましたが、近年は不明です。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2020年3月に一部情報を更新しました。