日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
TOP > 北関東 > 足利織姫親善大使
 栃木県 足利市 
あしかがおりひめしんぜんたいし

足利織姫親善大使

 かつて 足利・ミス織姫 足利おり姫ファッション大使 と呼ばれていたものの流れをくんでいます。

 主催団体
足利商工会議所
 主催団体を所管する公共団体部局
足利市産業観光部
 選出方法
 2021年は公募されていました。
 応募資格
 以下2021年のものの要約です。
 市内在住・在勤・在学18歳以上の女性の方が応募できます(年齢は4月1日現在)。
 ただし、他のミスコン受賞やプロモーションガールとの期間重複、モデル専属契約等に制限があることがあります。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2021年は3名予定でした(募集締切は2月12日)。なお、応募数は(52名 2017年) (128名 2007年)でした(特記以外は2021年)。
 2021年選出の方は10代で、任期は4月から1年(延長可能性あり)です。
 待遇
 2021年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 10万円
 さらに調べる
 公式サイト
 足利織姫親善大使の募集要項を探す
 足利織姫親善大使の画像を検索
 足利市をGoogle地図で見る
 補足情報
 なんと2017年に10年ぶりに募集されることになりました。名称は「足利おり姫ファッション大使」から「ミス織り姫」あるいは「ミス織姫」に変更となりそうです。応募資格は「18歳以上の女性」から「18歳以上の未婚女性」に変更されました。2006年の選出は6名でしたが、今回は3名の募集となっています。2007年は賞金10万円、副賞のほか海外旅行がありましたが、2017年は海外旅行はないようです。
 3名の募集でしたが5名がミスに選出されました。また、名称は「足利・ミス織姫」に定まりました(ただし、タスキ表記は中黒「・」が入らない「足利ミス織姫」)。
 2021年に3年半ぶりに募集されました。前身からの通算では10代目に該当します。ミスコン批判対策のため、募集告知上の呼称では「ミス」は一切表記せず、「親善大使」としており、再び独身でなくても応募可能となりました。公開コンテストはなくなり、非公開選考となる模様です。また、年齢基準日が9月1日現在から4月1日現在に変更され、高校生も応募可能となっています。当回の募集は「3名予定」となっていますが、2017年は「3名」の募集に対して5名選出されています。
 募集選考については商工会議所の単独主催となり、市役所、観光協会、中小商工団体などは共催から後援に後退していますが、過剰防疫体制禍による組織弱体化の影響と見られます。任期については募集時点での言及はありませんが、当サイトでは4月1日から1年間(延長可能性あり)としておきます。
 公式または公認SNSの画像
SNS投稿の引用は、SNS運営各社の約款に基づく範囲内かつ各社の指定する方法に従ったものとし、違反がないよう留意して行っています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2021年1月に一部情報を更新しました。