TOP > 北関東 > マロニエメイツ
 栃木県 全域  緑化花卉林業 

マロニエメイツ

 とちぎマロニエメイツ とも言います。

 既に廃止されているか、近年の活動が確認されていません。

 主催団体
公益社団法人とちぎ環境・みどり推進機構 栃木県
 主催団体を所管する公共団体部局
栃木県環境森林部地球温暖化対策課
 選出方法
 2018年は公募されていました。
 応募資格
 県内在住18歳以上の方が応募できました。ただし、高校生不可(卒業見込み可)です。
 募集人数
 2018年は3名でした(募集締切は1月19日)。なお、応募数は22名 (26名 2017年) (30名 2016年) (32名 2015年)でした(特記以外は2018年)。
 任期は4月1日から1年です。
 待遇
 2018年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 旅行券10万円相当 その他
 主催団体公表の活動報酬(特記以外は日額): 日当 交通費
 主催団体公表の出動回数の目安(特記以外は年間1名あたり): 30日
 さらに調べる
 マロニエメイツの画像を検索
 補足情報
 栃木県は「トチノキ」を県木に定めており、「マロニエ」はその仏語訳として使われています(ただし、厳密には異なる種であり、トチノキは海外にも移出されており、セイヨウトチノキが「マロニエ」で、トチノキは「日本マロニエ」として区別される)。
 履歴書で「自動車運転免許の有無」を申告する必要があります。
 2019年度の県予算にてマロニエメイツのコンテンストが削られました。公財独自予算で公募される可能性はゼロではないですが、代替の財源確保が困難と見られ廃止の可能性が高いと考えられることから、当サイトではいったん廃止扱いとします。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2019年4月に一部情報を更新しました。