日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
TOP > 北関東 > ちくせい観光大使
 茨城県 筑西市 
ちくせいかんこうたいし

ちくせい観光大使

 主催団体
筑西市観光協会 筑西市
 主催団体を所管する公共団体部局
筑西市経済部
 選出方法
 2020年は公募されていました。
 応募資格
 以下2020年のものの要約です。
 現在または過去に筑西市に在住・在勤・在学18歳以上の方が応募できます。ただし、高校生不可です。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2020年は2名でした(募集締切は1月10日)。なお、応募数は非公表(18名 2017年)でした。
 2020年選出の方は3代で、任期は4月1日から1年です。選出後は6名で活動します。
 待遇
 主催団体公表の活動報酬(特記以外は日額): 5000-10000円
 主催団体公表の出動回数の目安(特記以外は年間1名あたり): 20日
 さらに調べる
 公式サイト
 ちくせい観光大使の募集要項を探す
 ちくせい観光大使の画像を検索
 筑西市をGoogle地図で見る
 過剰防疫体制禍による被害
 2020年は最終的には就任公表済みですが、選出結果公表遅延となっていました。
 2021年は募集告知遅延(または中止)となっています。
 補足情報
 初代の募集は3名となっていましたが、5名選出されました。
 当初は帽子が制服に含まれていませんでしたが、初代の末期に追加されました。
 2019年に欠員予定の2名分を埋めるため2代目(「第2期」)が2名募集され(選出も2名)、その後欠員が1名に減り初代から4名継続となったため、結果的に5名体制から6名体制に増強されています。
 2020年は継続者数は不明ですが、2名募集されています。
 2020年新規就任の報道発表は行われていないようですが(2020年6月末時点)、筑西市の事業「ちくせい若者支援便」の告知ポスターモデルとしての登場が事実上のお披露目となっています。
 公式または公認SNSの画像
SNS投稿の引用は、SNS運営各社の約款に基づく範囲内かつ各社の指定する方法に従ったものとし、違反がないよう留意して行っています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2020年7月に一部情報を更新しました。