日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
TOP > 南東北 > 夢ガールキャンペーン隊
 福島県 須賀川市・白河市・西白河郡・石川郡・岩瀬郡  農水産物 

夢ガールキャンペーン隊

 JA夢みなみ夢ガールキャンペーン隊 JA夢みなみ農産物販売促進員 とも言います。

 主催団体
夢みなみ農業協同組合(JA夢みなみ)
 選出方法
 夢ガールキャンペーン隊は、一般公募されていないようです(主催者の構成員になっている団体から推薦される、地域内の事業所・学校を通じて募集される、あるいはモデル事務所・イベント会社等を通じたエントリー等)。
 活動人数
 2020年選出の方は3代で、活動人数は7名です。
 任期は6月から1年です。
 さらに調べる
 夢ガールキャンペーン隊の画像を検索
 JA夢みなみをGoogle地図で見る
 補足情報
 JA夢みなみは、東京電力福島第一原発の爆発事故による農産物の実被害と風評被害の発生後に行われた福島県内のJA再編により、JAすかがわ岩瀬・JAあぶくま石川・JAしらかわの合併で設立された、福島県中南部の広範囲(須賀川市、鏡石町、天栄村、白河市、西郷村、泉崎村、中島村、矢吹町、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町)をエリアとする総合農協。風評被害の影響が考慮され、農協名に「ふくしま(福島県)」や市名・地域名が含まれていません。
 キャンペーン隊は2018年にスタートしました。JA職員で構成され、「白河観光キャンペーンクルー」と同一仕様の立派なユニフォームを所有し(帽子は色違い、タスキは無)、現時点では報道には実名公開し活動しています。
 従来はトップセールス等の大きなイベントの際には白河市(白河観光キャンペーンクルー)の協力を得ていましたが、キャンペーン隊発足後はJA単独で行えるようになりました。
 任期は一応1年間とされていますが、事実上は6月下旬から翌年2月末までの約8か月間となっています。
 2020年は8名から7名に減員されましたが、コロナ騒動の影響を受けず例年通りの時期に就任発表されています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2020年8月に一部情報を更新しました。