日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
TOP > 南東北 > サンシャインガイドいわき
 福島県 いわき市 

サンシャインガイドいわき

 かつて サンシャインレディいわき ミスいわき と呼ばれていたものの流れをくんでいます。

 主催団体
一般社団法人いわき観光まちづくりビューロー
 選出方法
 2020年は公募されていました。
 応募資格
 以下2020年のものの要約です。
 市内在住・在勤・在学18歳以上の方が応募できます。ただし、高校生不可です。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2020年は3名でした(募集締切は5月22日)。なお、応募数は不明(11名 2018年)でした。
 2020年選出の方は31代で、任期は2年です。
 待遇
 2020年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 任期満了後旅行券20万円相当
 主催団体公表の活動報酬(特記以外は日額): 5000-8000円 交通費
 主催団体公表の出動回数の目安(特記以外は年間1名あたり): 60日
 さらに調べる
 サンシャインガイドいわきの画像を検索
 サンシャインガイドいわきの募集要項を探す
 いわき市をGoogle地図で見る
 補足情報
 公式行事で水着になる(かもしれない)公共ミスは、東日本では現在ここだけです。
 福島第一原発事故後の福島県の海水浴場はガラスキなので、海開きのイベントで安全をPRせんとするにはマスコミを呼ぶための必然性がある水着と言えそうですが、地元の方のブログからは、気合の入ったカメラ親父さんたちが各地より大挙押し寄せる(笑)殺伐とした雰囲気が伝わってきます。
 しかし実際には、むしろそれよりも、東日本にはこんなにも多くの報道機関があったのかと思うほど多くの報道カメラマンや記者が詰めかけており、メディアさん同士の撮影場所の取り合いのほうが熾烈です。
 2016年は募集締め切りが4月15日から20日に延長され、前回並みの応募者11名を確保したようです。
 2020年は様子を伺っていたためか、近年より募集開始が2か月弱遅れとなりした。
 しかし結局は締切間近になって中止が発表されました。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2020年5月に一部情報を更新しました。