TOP > 南東北 > ミス郡山
 福島県 郡山市 

ミス郡山

 ミスうねめ ミス采女 とも言います。

 主催団体
郡山うねめまつり実行委員会 郡山商工会議所 郡山市観光協会 公益財団法人郡山コンベンションビューロー 郡山市
 主催団体を所管する公共団体部局
郡山市産業観光部観光課
 選出方法
 2017年は公募されていました。公開審査があります(6月3日)。
 応募資格
 以下2017年のものの要約です。
 市内在住・在勤・在学18歳以上の未婚女性の方が応募できます。ただし、高校生不可です。
 なお、応募時にボディサイズ(身長)を申告する必要があります。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2017年は非公表でした(募集締切は5月26日)。なお、応募数は(27名 2016年)でした。
 2017年選出の方は53代で、任期は1年です。
 待遇
 2017年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 海外旅行 豪華副賞 参加者全員:記念品
 さらに調べる
 ミス郡山の画像を検索
 ミス郡山の募集要項を探す
 郡山市をGoogle地図で見る
 補足情報
 「ミスうねめ(郡山)」として選出され、郡山うねめまつり終了後は「ミス郡山」として活動します。うねめまつり以外の出番であっても、祭りが終了するまでは「ミスうねめ」として活動するところがポイントです。
 募集要項や報道発表では漢字表記の「ミス采女」、タスキ表記は「ミスうねめ」と使い分けていた時代もありましたが、ここ数年は後者に統一されています。
 采女(うねめ)とは『天皇や皇后に近侍して食事などの世話をおこなう女官。飛鳥時代には既に、地方の豪族の子女を遣わして采女としていた。他の伝承によると、この猿沢の池に身を投げた采女は安積(現・福島県郡山市)出身の者とされ、郡山市では「うねめ祭り」が毎夏おこなわれている。』(逸匠冥帝 日本伝承大鑑)
 一方、郡山市側(郡山商工会議所ほか)では、采女となっていた春姫が猿沢の池畔の柳に衣を掛けて入水したように見せかけたものであり、春姫は奈良から安積の里に帰着した後、許婚の後を追って山の井の清水に身を投じたとの伝承を紹介しています。
 これらのような悲劇的伝承が双方にある経緯で、郡山市と奈良市は姉妹都市となっており、うねめまつりにはミス奈良がやってきて采女の供養を行い、奈良采女祭にはミス郡山が参加することになっています。
 近年は募集人数が公表されない年度と「6名」とされる年度の双方あるようですが、概ね5-6名選出されています。
 一人あたりの年間の活動回数は公表されていませんが、全体の派遣回数と人数は公表されており、単純に選出者数で割ると一人当たり20回程度です。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2017年4月に一部情報を更新しました。