TOP > 南東北 > おきたまブランディングレディ
 山形県 置賜地方  農水産物 

おきたまブランディングレディ

 山形おきたまフルーツレディ とも言います。

 タスキの表記では 山形おきたま も見られます。

 主催団体
山形おきたま農業協同組合(JAおきたま)
 選出方法
 おきたまブランディングレディは、一般公募されていないようです(主催者の構成員になっている団体から推薦される、地域内の事業所・学校を通じて募集される、あるいはモデル事務所・イベント会社等を通じたエントリー等)。
 さらに調べる
 おきたまブランディングレディの画像を検索
 川西町をGoogle地図で見る
 補足情報
 2015年に初めてその存在が確認され(!?)、少なくとも2名の方が活動されているようです。タスキに「山形おきたま」とあるのみで名称は不明でしたが「おきたま新聞」での記事により「ブランディングレディ」と判明しました(同紙はJAおきたまに事務局を置いているので、確度は高いと思います)。
 JA職員の方と推測しますが、詳細は不明です。制服は黄緑&黒の洋装と帽子で、2012年ごろに「山形の園芸キャンペーンガール」が着用していたものと同じです。
 (2016年1月15日更新)その後の取材(笑)により、JA職員ではなく、2015年の関東地区(1名)は昔からキャンペーン活動を支援してくれている方(社会人)、近畿地区(同)は、現地スポット契約の販売員の方(学生)とのことが判明しました。当サイトでは非公人として除外扱いとします。
 なお、制服はJA全農山形に手配して貰ったらしいので、おそらく山形の園芸キャンペーンガールが使用していたもので合っていると思います。
 (2016年6月1日更新)農協職員の方が務めることもあることが判明しましたので、再び当サイトの取扱い対象に含めることにします。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2016年6月に一部情報を更新しました。