日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
TOP > 南東北 > ミスさくらんぼ
 山形県 寒河江市 
みすさくらんぼ

ミスさくらんぼ

 主催団体
寒河江市観光キャンペーン推進協議会 寒河江市
 主催団体を所管する公共団体部局
寒河江市さくらんぼ観光課
 選出方法
 2021年は公募されていました。
 応募資格
 以下2021年のものの要約です。
 県内在住18歳以上の未婚女性の方が応募できます(年齢は4月1日現在)。ただし、高校生不可です。
 また、他のミスコン受賞やプロモーションガールとの期間重複、モデル専属契約等に制限があることがあります。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2021年は3名でした(応募締切は4月4日)。なお、応募数は12名(17名 2020年)(6名 2019年)(9名 2018年)でした。
 2021年選出の方は45代で、任期は4月から1年です。
 待遇
 2021年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 5万円 賞品券
 さらに調べる
 公式サイト
 ミスさくらんぼの募集要項を探す
 ミスさくらんぼの画像を検索
 寒河江市をGoogle地図で見る
 補足情報
 現在では少なくなった自治体が事実上直接公募する未婚女性限定の公共ミスで、市役所の電子申請ページから応募もできます。
 2016年度は応募時に身長・靴のサイズの申告が必要でしたが、現在はなくなっています。
 商品の旅行券の額面が5万円から3万円となりましたが、従来なかった賞金(5万円)が新たに追加され待遇改善がなされています。いずれも近年の出場者数(≒応募者数)が15名→9名→9名と一桁になり、2019年は遂に6名にまで落ち込んでおり、主催者が追い込まれたことが理由と見られます。また、年齢基準日が「4月1日現在」と明確になりました。
 従来の最終選考は「道の駅寒河江チェリーランドさくらんぼ会館」で行われていましたが、2020年度は公開コンテストではなくなり、非公開面接審査となりました。これはコロナ騒動とは関係なく、応募者減対策のためであると見られます。
 2021年は主催が「寒河江四季のまつり実行委員会」から「寒河江市観光キャンペーン推進協議会」(マスコットキャラクター「チェリンさん」と統合)に変更されています。2020年は市内での催事が壊滅状態で実行委が機能せず商工団体の「出資」比率がさらに低下したと見られ、より市役所直轄ミスの意味合いが強くなりました。また、賞品が旅行券からギフト券に変更され、額面も非公表となりました。
 2021年の選考(当初4月11日予定)は『コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑み』(寒河江市)延期となっており、任期開始も1か月程度遅延となる見通しです。
 
 公式または公認SNSの画像
SNS投稿の引用は、SNS運営各社の約款に基づく範囲内かつ各社の指定する方法に従ったものとし、違反がないよう留意して行っています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2021年5月に一部情報を更新しました。