日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
TOP > 北東北 > ミスりんご
 秋田県 横手市増田町地域 
みすりんご

ミスりんご

 かつて 横手市観光キャンペーンレディ と呼ばれていたものの流れをくんでいます。

 タスキの表記では 秋田県横手市 も見られます。

 主催団体
一般社団法人増田町観光協会
 主催団体を所管する公共団体部局
横手市商工観光部観光おもてなし課
 選出方法
 2021年は公募されていました。公開審査があります(10月17日)。
 応募資格
 以下2021年のものの要約です。
 18歳以上の未婚女性の方が応募できます。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2021年は3名でした(応募締切は10月8日)。なお、応募数は(5名 2020年)(9名 2019年)でした。
 2021年選出の方は56代で、任期は10月17日から1年です。
 さらに調べる
 公式サイト
 ミスりんごの募集要項を探す
 ミスりんごの画像を検索
 横手市をGoogle地図で見る
 補足情報
 市長の所信表明によると、50代ミスりんごまでは『今後、市観光キャンペー ンレディとして、観光PR活動などでご活躍いただきます』としていましたが、51代では『今後1年間、増田地域の観光PR活動にご活躍いただきます』の表現となりました。
 このことから、2016年限りで市域ミスである「横手市観光キャンペーンレディ」は廃止され、元の旧町域ミスの部分が残存していると考えられます。
 商工関係者からミス復活の要望があり、2019年から横手市域のミスに復活の可能性もあります(調査中→その後断念した模様)。
 2020年はコロナ騒動禍のなか「増田真人公園りんごまつり」と同催事内の「ミスりんごコンテスト」は開催されました。直前に開催決定したためか、応募締切は設定されず(当日参加も可能だったと見られる)、県内在住の制限もなくなっています。高校生も18歳以上であれば応募可能となっています(要親権者承諾)。
 開催日の2020年10月18日時点において、同年のコロナ騒動後に公共ミスの一般公開コンテストが屋外で実行された日本唯一の事例となっています(当サイト調べ)。  2021年は応募締切がコンテスト日の1週間程度前に設定されました。高校生の募集制限はありませんが、『高校生の方は保護者の同意が必要』となっています。賞品(前年は『旅行券』)や出場者の支度金についての記載が削除されました。
 公式または公認SNSの画像
SNS投稿の引用は、SNS運営各社の約款に基づく範囲内かつ各社の指定する方法に従ったものとし、違反がないよう留意して行っています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2021年9月に一部情報を更新しました。