TOP > 北東北 > ミスあきたこまち
 秋田県 全域  農水産物 

ミスあきたこまち

 主催団体
全国農業協同組合連合会秋田県本部(JA全農あきた)
 選出方法
 2017年は公募されていました。
 応募資格
 以下2017年のものの要約です。
 秋田県出生で県内または東京近郊在住18歳以上の未婚女性の方が応募できます。ただし、高校生不可です。
 また、他のミスコン受賞やプロモーションガールとの期間重複、モデル専属契約等に制限があることがあります。
 なお、応募時にボディサイズ(身長)を申告する必要があります。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2017年は7名でした(募集締切は6月30日)。2017年の応募数は不明です(79名 2015年)。
 2017年選出の方は32代で、任期は9月1日から1年です。
 待遇
 2017年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 旅行券ハワイ往復相当 県産米20kg
 さらに調べる
 ミスあきたこまちの画像を検索
 ミスあきたこまちの募集要項を探す
 補足情報
 ミスあきたこまちが7名なのは、「七小町」に由来します。 -- 2017  JA全農あきたの本年度「ミスあきたこまち」7人が決まり、秋田市の秋田キャッスルホテルで23日、委嘱状交付式が行われた。7人は9月から1年間、首都圏などで県産米をPRする。  ミスあきたこまちは平安時代の歌人・小野小町をイメージした市女笠(いちめがさ)に旅装束の姿で登場。全農あきた運営委員会の船木耕太郎会長が一人一人に委嘱状を交付し、「県産米のおいしさを積極的にPRし、秋田と消費地との懸け橋になってほしい」と話した。 ミスあきたこまちの7人。前列左から大野さん、佐賀さん、奥村さん。後列左から佐藤莉央さん、佐藤京さん、菅田さん、高井さん http://www.sakigake.jp/news/article/20170823AK0025/ --

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2017年11月に一部情報を更新しました。