TOP > 南東北 > しづはた姫
 宮城県 栗原市旧築館町地域  催事祭事 

しづはた姫

 ミスしづはた姫・準しづはた姫 とも言います。

 主催団体
しづはた姫コンテスト実行委員会 栗原南部商工会青年部
 主催団体を所管する公共団体部局
栗原市産業経済部田園観光課
 選出方法
 2018年は公募されていました。公開審査があります(8月4日)。
 応募資格
 以下2018年のものの要約です。
 18歳以上の未婚女性の方が応募できます。ただし、高校生不可です。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2018年は3名でした(募集締切は7月17日)。
 待遇
 2018年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 しづはた姫:15万円 準しづはた姫: 7万円 参加賞:豪華景品
 さらに調べる
 しづはた姫の画像を検索
 しづはた姫の募集要項を探す
 栗原市築館薬師をGoogle地図で見る
 補足情報
 「薬師まつり」の時代行列で、北の方(藤原秀衡の妻)役をミスしづはた姫が、侍女役を準しづはた姫が務めます。市のサイトによりますと、しづはた姫は北の方の幼名です。
 「築館七夕まつり」でのコンテストとお披露目、メインの「薬師まつり」(11月)のPRと出演のほかは「桜まつり」(4月)のみと、確定している活動機会が限定的であるため、地元以外の人も応募できるようになっています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2018年8月に一部情報を更新しました。