TOP > 南東北 > せんだい・杜の都親善大使
 宮城県 仙台市 

せんだい・杜の都親善大使

 かつて ミス仙台 と呼ばれていたものの流れをくんでいます。

 主催団体
せんだい・杜の都親善大使選考・運営委員会 仙台商工会議所 公益財団法人仙台観光コンベンション協会 ほか
 選出方法
 2018年は公募されていました。公開審査があります(4月7日)。
 応募資格
 以下2018年のものの要約です。
 市内在住または県内在住で市内在勤・在学18歳以上の方が応募できます(年齢は4月1日現在)。ただし、高校生不可です。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2018年は3名でした(募集締切は3月16日)。なお、応募数は43名 (43名 2017年)(51名 2016年)(74名 2015年)でした(特記以外は2018年)。
 2018年選出の方は15代で、任期は5月1日から1年です。
 待遇
 2018年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 10万円
 主催団体公表の活動報酬(特記以外は日額): 謝金11137円 交通費等
 さらに調べる
 せんだい・杜の都親善大使の画像を検索
 せんだい・杜の都親善大使の募集要項を探す
 仙台市をGoogle地図で見る
 補足情報
 2004年にミス仙台から現名称になりました。2015年の応募締め切りは当初3月20日でしたが(例によって?)延長されました。
 選考会は4月ですが、2011年も募集停止にはぜず例年通り3名選出され、復興PRに活躍しました。
 募集要項には詳しく書かれていませんが、派遣申請書によりますと、日当は原則11137円(復興特別所得税・源泉税含)で、手取り10000円を当日現金払い、交通費(原則タクシーチケット)別となっています。
 河北新報によりますと、所定の締め切り直前まで応募数が低調なため2012年以降毎年締め切りを延長しています。2015年、2016年とも10日間程度延長され、最終的にはコンテスト開催に十分な応募数を確保しているようです。
 2017年も応募締め切りが3月17日から28日に延長されています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2018年7月に一部情報を更新しました。