日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
TOP > 南東北 > みやぎライシーレディー
 宮城県 全域  農水産物 
みやぎらいしーれでぃー

みやぎライシーレディー

 宮城米キャンペーンキャラクター とも言います。

 タスキの表記では みやぎライシーレディ 宮城米キャンペーンキャラクター 東北きゅうり美人 も見られます。

 主催団体
宮城米マーケティング推進機構 宮城県 全国農業協同組合連合会宮城県本部(JA全農みやぎ) 宮城県米穀集荷協同組合 宮城県米穀肥料商業協同組合 宮城県農業協同組合中央会 社団法人みやぎ原種苗センター
 主催団体を所管する公共団体部局
宮城県農林水産部食産業振興課
 選出方法
 2020年は公募されていました。公開審査があります(2月9日)。
 応募資格
 以下2020年のものの要約です。
 県内在住18歳以上の方が応募できます。
 なお、応募時にボディサイズ(身長)を申告する必要があります。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2020年は3名程度(選出も3名)でした(応募締切は1月15日)。なお、応募数は36名(39名 2019年)でした。
 2020年選出の方は30代で、任期は4月1日から1年です。
 待遇
 2020年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 10万円 旅行券10万円相当 県産米60kg
 主催団体公表の出動回数の目安(特記以外は年間1名あたり): 70日
 さらに調べる
 公式サイト
 みやぎライシーレディーの募集要項を探す
 みやぎライシーレディーの画像を検索
 補足情報
 性別条件はなくなっており、一応募集案内にも男性が選出された場合には正式名称である「キャンペーンキャラクター」として活動する旨記載されています。
 タスキの表記と呼称は「みやぎライシーレディー」でしたが、タスキに関しては2016年より末尾の長音「ー」のない「みやぎライシーレディ」となりました。ただし、公式ウェブサイト上では引き続き「レディー」「レディ」双方の表記が存在し、統一には至っていません(2021年1月1日時点)。
 募集は「3名程度」となっていますが、近年は必ず3名選出されています。
 2021年は例年の募集開始時期に主催者の言及がなく、募集は行われないものと見られます。(その後、3名のうち1名が2021年も継続することが告知されました。)
 さらにその後、2021年は2019年に就任していたOGの3名との4名体制とすることが告知されました。制服は4名とも現役時着用のものとは別のものが新たに用意されており、「2021ライシーレディ」と名乗る可能性があります。
 公式または公認SNSの画像
SNS投稿の引用は、SNS運営各社の約款に基づく範囲内かつ各社の指定する方法に従ったものとし、違反がないよう留意して行っています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2021年6月に一部情報を更新しました。