日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
 TOP > 北東北 > ミスねぶた
 青森県 青森市 

ミスねぶた

 主催団体
青森ねぶた祭実行委員会 青森市 青森商工会議所 公益社団法人青森観光コンベンション協会
 主催団体を所管する公共団体部局
青森市経済部観光課
 選出方法
 2019年は公募されていました。公開審査があります(5月25日)。
 応募資格
 以下2019年のものの要約です。
 県内在住または出身18-28歳の未婚女性の方が応募できます(年齢は4月1日現在)。ただし、高校生不可です。
 また、他のミスコン受賞やプロモーションガールとの期間重複、モデル専属契約等に制限があることがあります。
 なお、応募時にボディサイズ(身長 服 靴)を申告する必要があります。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2019年は3名でした(募集締切は5月10日)。なお、応募数は43名(49名 2016年)でした。
 2019年選出の方は48代で、任期は8月1日から1年です。
 待遇
 2019年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 航空券など副賞 ミスグランプリ(1名):10万円 ミス(2名): 5万円
 主催団体公表の出動回数の目安(特記以外は年間1名あたり): 10回
 さらに調べる
 ミスねぶたの画像を検索
 ミスねぶたの募集要項を探す
 青森市をGoogle地図で見る
 補足情報
 2017年までは「年15回程度」の活動回数でしたが、2018年以降は「年10回程度」となっています。
 2020年は『観覧者・参加者・関係者の皆さまが感染するリスクを払拭できず、全国的な感染拡大へと繋がる懸念があることから』(主催者)、例年8月2日-7日開催の「青森ねぶた祭」の中止が4月8日に発表されました。ミスねぶたの募集も行われないと見られます。
 その後、4月10日に2020年ミスねぶたコンテストの中止が正式に発表されました。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2020年4月に一部情報を更新しました。