日本のすべての公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)の詳細情報のタイトル画像
TOP > 北海道 > 流氷パタラ
 北海道 網走市 
りゅうひょうぱたら

流氷パタラ

 網走市の観光大使 とも言います。

 かつて ミス流氷 と呼ばれていたものの流れをくんでいます。

 タスキの表記では 網走流氷パタラ も見られます。

 主催団体
あばしりオホーツク流氷まつり実行委員会 網走市 網走商工会議所
 主催団体を所管する公共団体部局
網走市観光部観光課
 選出方法
 流氷パタラは、一般公募されていないようです(主催者の構成員になっている団体から推薦される、地域内の事業所・学校を通じて募集される、あるいはモデル事務所・イベント会社等を通じたエントリー等)。
 活動人数
 2021年選出の方は47代で、活動人数は4名です。
 任期は1月から1年です。
 待遇
 主催団体公表の活動報酬(特記以外は日額): 4000-8000円
 さらに調べる
 公式サイト
 流氷パタラの画像を検索
 網走市をGoogle地図で見る
 補足情報
 『近年は応募数が減少したため、関係機関からの推薦で選出している』(北海道新聞)。1970年代後半から2000年代初頭までの公募時代は6名体制で、近年は4名となっています。
 2019年は、東京農業大学(オホーツク学舎)の学生2名、市職員、地元金融機関職員の計4名の体制です(毎日新聞ほか)。
 2020年も同大学の学生2名と社会人2名の4名体制です(同)。
 2021年も同大学の学生2名と社会人2名の4名体制です(同)。
 公式または公認SNSの画像
SNS投稿の引用は、SNS運営各社の約款に基づく範囲内かつ各社の指定する方法に従ったものとし、違反がないよう留意して行っています。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2021年1月に一部情報を更新しました。