TOP > 北海道 > ミスはこだて
 北海道 函館市 

ミスはこだて

 タスキの表記では MISS HAKODATE も見られます。

 主催団体
一般社団法人函館国際観光コンベンション協会 函館市
 主催団体を所管する公共団体部局
函館市観光部ブランド推進課
 選出方法
 2017年は公募されていました。公開審査があります(2月26日)。
 応募資格
 以下2017年のものの要約です。
 市内在住・在勤・在学18歳以上の未婚女性の方が応募できます(年齢は4月1日現在)。ただし、高校生不可です。
 また、他のミスコン受賞やプロモーションガールとの期間重複、モデル専属契約等に制限があることがあります。最新の詳細は主催団体公表のものを優先してください。
 募集人数
 2017年は2名でした(募集締切は2月22日)。なお、応募数は9名でした。
 2017年選出の方は38代で、任期は4月1日から1年です。
 待遇
 2017年の主な賞金・賞品は以下の通りです。
 15万円 旅行券 協賛各社副賞 夏冬制服一式
 主催団体公表の活動報酬(特記以外は日額): 10000-12000円 交通費 出張日当
 さらに調べる
 ミスはこだての画像を検索
 ミスはこだての募集要項を探す
 函館市をGoogle地図で見る
 補足情報
 応募締切の前日時点で応募者ゼロの事態が毎年のように起こり、その都度締め切りを延長して十数名の応募者を確保しています。これは「ミスおたる」も同じですが‥。
 待遇は悪くなくスーツも高級品ですが、飛行機やJRで全国を回る激務が敬遠されているのか? 募集宣伝の仕方が悪いのか? うーん謎。単にのんびり屋さんの北海道人の気質かなあ。
 1人あたりの出動回数は非公表ですが、ミスはこだてとしての2014年度実績が「71回。実質活動日数は150日を超える」「北海道新幹線の開業を控えていることから、ますます函館市をPRする場が増え、ミスはこだての必要性は高まっていく」(函館市観光部 市民の声回答)とされています。さらに函館の立地上他都市との移動距離が長いことから、2015-2016年度の公募の本職が別にある非農水産物の公共ミスとしては、日本最高レベルの繁忙度と推測します。
 2016年の応募締め切りは2月5日と早めに設定されましたが、公開コンテストが成立する募集人数に満たなかった場合は、応募期間延長の可能性があります。
 その後、例によって『当初の締め切りは5日だが、応募者が3人にとどまっているため』(函館新聞)、2月10日までに延長されました。
 2017年も、当初は2月17日締切でしたが、函館新聞ほかによると16日時点の応募者は5人だけで、2月22日までに延長されました。

これらの情報は2015年9月時点(一部は2015年12月時点)の調査を元にしています。また、2017年4月に一部情報を更新しました。