◆ブラウザのアドレスバーに tourism.lady.jp と直接入力して簡単アクセス
◆ドメイン偽装なし ドメインも インターネットアドレスも サイト名と同じ tourism.lady.jp
◆日本のすべての公共ミス・ご当地物産と観光のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・メイツ・フレンズ・アシスタント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)をデータベース化し400件超をリストアップした日本初*のサイト *当サイト調べ
◆トップページでは、ブログの最新記事を表示しています
◆スマートフォン・タブレットでご覧の方は、画面右上の MENUをタップすると、他のページをご覧いただけます
◆成果収入広告なし ブログ会社の広告もなし 完全非営利のサイトです
◆当サイトでは、他のブログ会社運営のサイトとは異なり、クッキー(cookie)を使用していません(そのため、このサイトを閲覧した履歴が他のサイトに漏れることはありません)
◆目障りなスマホ画面上下の広告なし 個人情報紐付け収集業者の広告リンクもなし 快適で安全なサイトです
◆下のブログ記事のタイトル画像をクリック(タップ)すると、この表示を消すことができます

アイランダー2019

アイランダー2019
主催 国土交通省 (公財)日本離島センター
日時 2019年11月23日(土祝) 10:00-18:00
   2019年11月24日(日) 10:00-17:00
場所 サンシャインシティ文化会館3F 展示ホールC
交通 池袋駅(JR山手線・JR埼京線・JR湘南新宿ライン・東京メトロ丸ノ内線・東京メトロ副都心線・西武池袋線・東武東上線)・東池袋駅(東京メトロ有楽町線)から徒歩圏内
 
 
 何度か訪れたことがあるこのイベントでありますが、お上が「アイランダー」を開催するその目的を未だよく理解できておりません。離島振興という曖昧で大雑把な言葉がそうさせているのかも知れませんが。
 

 
 いずれにしましても、例年しかるべき方々がお出ましになっているようですが、伺ったのは昼過ぎで滞在時間も限られていまして、確認できましたのはこのブースのみであります。
 
 
アイランダーで活躍するクイーン淡路の松村美優さん(池袋サンシャインシティ 東京都豊島区)
 第38代クイーン淡路 松村美優さん
 
 しかと女神が降臨しておられますが、北は明石海峡大橋で本州と、南は大鳴門橋で四国と繋がり、日本で最も恵まれた島しょである淡路島が出展するとは少々意外であると感じたのであります。
 
 
 
 
 おびただしい数の大型トラックと長距離路線バスが数珠繋ぎで疾走し行き交う淡路島、これ以上何を望まれるのでありましょうか‥と思いブースを覗かせていただきますと、「沼島(ぬしま)」という離島が淡路島本島の属島のごとく存在しています。

 

 
 淡路島観光協会さんのシマは、洲本、南あわじ、淡路の3市でありますが、沼島は南あわじ市に属しています。しかるに、クイーン淡路さんがここに降臨されるのでありました。と言いますか、兵庫県人でさえも沼島という島の存在を知りません! 何と地味な島でありますでしょうか。
 
 なお、お聞きしましたところ、大阪府や和歌山県側からの定期航路はないようでして、淡路島本島からのみのアクセスとなるそうです。淡路島本島から恐らく目前に見えるであろう2kmほどの距離です。釣りでもすれば場所的にマダイやらメバルやらの買ったら高いお魚が入れ食いな感じがします。
 
 
干物工房(南あわじ市沼島)の「しらすせんべい」(アイランダーにて購入)
‥と、これを手に取って眺めながらぼんやり考えていると、斜め後ろからそーっとクイーン淡路さんが忍び寄ってきて「いかがですか」と声を掛けて来られます。何という鋭いタイミング。
 
  
クイーン淡路の松村美優さんはアイランダー2019で活躍(池袋サンシャインシティ 東京都豊島区)
 クイーン淡路2年目にもなられますと乞食撮影さんとカモを見分ける眼力が養われてくるのでありましょうか。あるいはネギを背負っているのがバレバレだったのでありましょうか。🎣
 
 とまあそんな楽しいやり取りが各ブースで繰り返し行われて、その中から、UIターンの話とか島の特産品の都会の小売店や飲食店との取引の話などが生まれてくるのかもと考えると、このイベントの意義が少し理解できたような気がしたのでありました。