日本の公共ミス・ご当地生産物と観光資源のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・フレッシュ・メイツ・フレンズ・アシスタント・アテンダント・コンシェルジュ・スタッフ・クルー‥)に関する出来事のコロナウィルス流行に伴う変遷(2020年5月末時点)

(タイトル画像は合成イラストで実際の出来事とは関係ありません。)

 コロナ騒ぎはまことに大変に候
 
 しかし災難に逢ふ時節には災難に逢ふがよく候
 
 死ぬ時節には死ぬがよく候
 
 是はこれ災難をのがるる妙法にて候
 
 良寛 1758-1831(改(笑))

 

 引き続きコロナで騒ぐ世間でありますが、まーだまだ日本では新型コロナウィルス感染症よりも、交通事故のほうがよっぽど恐ろしいのであります。
 

日本国のコロナウィルス死者数は東京経済オンラインより, 交通事故は交通事故分析センター発表より
 多くの交通事故死者が発生しても道路交通を遮断せず、物や人の移動のため、人々は年間数千人の交通事故死者を犠牲にして自由な往来を維持してきました。
 
 そして、感染力も感染メカニズムも重症化肺炎の苦しみもコロナウィルスと同じインフルエンザですが、これも毎年12月と1月に外出や移動を禁止することはせず、人々は今まで何十年にも渡って年間1万人のインフル死者の犠牲と引き換えにクリスマスとお正月と成人式を楽しんできました。
 
日本国コロナウィルス死者数は東京経済オンラインより, 交通事故は交通事故分析センター発表より, 他は厚労省ウェブサイトより
 もし、インフルエンザで亡くなる人もコロナウィルスで亡くなる人も命の重さが同じなのであれば、外出や移動や営業の制限はもちろん、「新生活習慣」(エチケットとして従来から行われてる事項を除く)なるものも不要であり、従来と同じインフルエンザの感染防止対策を抜かりなく行えば、それでよいということになります。
 
 無論対策はするべきではありますが、何事も100%はないので感染することもさせることもあるでしょう。
 
 飛沫は宙を舞い、ウィルスは表面に残る。しかしそれを恐れるばかり催事や営業を妨げ他人を家の中や都府県内に閉じ込めるような愚策に頼っていては、富も幸も体験も発見も発展も進化も免疫も何も生まれては来ず、集団は退行と静かな滅亡に向かうのみであります。

災難に逢時節には災難に逢がよく候(良寛 模写 一部拡大)
災難に逢時節には災難に逢がよく候(良寛 模写 一部拡大)


 この世は舞台、人は皆役者。この世は実験室、人は皆ウィルスの宿主であります。どのように時代が過ぎても、支配者から目を付けられた庶民や商人が悪人にでっち上げられて支配者によって洗脳された市民から叩かれるような惨い場面は繰り返し演じられることでありましょう。しかし例えそうであっても、己の命惜しさに他人の外出や移動を蔑み営みを妨げることよりも、備えてはいてももし万が一のときが来ればそれは万が一のときであると受け入れることを選ぶほうが冒頭の良寛のごとく尊いのであります。
 
 
‥と例によりまして脱線のみならず滑空衝突横転しまくりの当サイトでありますが、5月のしかるべき出来事をコロナ騒動とともに振り返ってみたいと存じます。
 
 
2020年5月1日 この頃コロナ騒ぎの影響を受け休業中の店舗や事業所を狙った空き巣被害が各地で発生していると伝えられる
2020年5月1日 この頃一部の自治体により児童公園の遊具が使用禁止になってしまう例が相次ぐ 公園で遊んでいる親子を行政や110番へ通報する事例も 思考停止する自治体がある一方、健康維持のため公園開放を続ける賢明な自治体も


2020年5月1日 4月の百貨店の売上高が発表され軒並み8割減
2020年5月1日 「せんだい・杜の都親善大使」の選考会中止が発表される 公開選考会を前日に急遽中止し、非公開選考会を実施するとしていたが、それも延期となっていた 今後の活動は杜の都親善大使経験者による「杜の都仙台シティサポーター」で代替するとしている
2020年5月2日 長崎市の造船所に修理のため停泊していたクルーズ船「コスタアトランチカ」から感染が確認されていないインドネシア人の乗員が下船し帰国すると報じられる 同船は2月1日から停泊していたが、4月20日ごろからコロナ集団感染の発生が明らかなっている 市役所は同船の乗員が周辺店舗や観光に行った事実は確認されていないとしていたが、報道では乗員のSNS投稿などで確認しており厚労省もそれを認めているため、市民の市への不信と不安が増し風評被害を増長させた 同日時点で148人の感染が確認されている
2020年5月2日 国内のコロナ死者が500人を超える
2020年5月2日 4月30日に火災で死亡した東京都練馬区のとんかつ店の店主が焼身自殺の可能性があると報じられる
東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれていたが、コロナ騒動で売り上げが落ち込み「もうどうやってもだめだ」「店を閉める」と周囲に漏らしていたと伝えられる
2020年5月3日 東京都から山梨県に帰省していた女性が新型コロナ感染を知りながら高速バスに乗り東京に戻っていたと山梨県が発表 さらに女性が当初虚偽の説明をしていたことが知人から県への通報で発覚 接触者や感染経路の追跡にも支障が生じさせたことから批判の対象となり、女性本人のほか女性の友人や勤務先と決めつけられた人が実名でネットで中傷される事態となる


2020年5月4日 休日には異例の国会の衆参議院運営委員会が開催され、安倍首相が緊急事態宣言を5月末まで延長することを表明
2020年5月4日 大相撲夏場所の中止が発表される 本場所の中止は2011年春場所(八百長問題にて)以来
2020年5月5日 福島ミスピーチ(福島市ほか)の選考会中止が発表される 例年の公開コンテストを非公開選考に変更し、他の公共ミスが次々と募集を断念する中、感染防止対策内容を公表するなどして執念で募集を継続 選考日程の延期も行い実施の方向だったが、緊急事態宣言の延長を受けて遂に「降参」 当年は過去の選出者での活動となる
2020年5月6日 24時間地下鉄を運行していた米ニューヨークで当面の間深夜1時から早朝5時までの運行取りやめ
2020年5月6日 5月5日にイギリスの新型コロナ死者数がイタリアを上回り世界2位になったと報じられる 5日時点で同国のコロナ死者数は2万9千人余り


2020年5月7日 日本マクドナルドが既存店の4月の売り上げが前年同月比で6.5%増えたと発表 4月29日に国内全店でイートインを休止したが、ドライブスルーと配達で売り上げを伸ばした ケンタッキーフライドチキンも好調と伝えられる
2020年5月7日 関東や近畿などで大手を除くパチンコ店が続々と自主的に営業再開を始める コロナ狩り側は110番や自治体への通報などで抵抗 街宣車が来ることもあるとされる 自治体は「要請」から「指示」に切り替えたり店名の公表で防戦するも店舗数が多く追いつけずいたちごっこと報じられる この時点では休業要請や休業指示に応じない店舗名が公表されているのはパチンコ店だけで、その他の業種では公表されていない


2020年5月7日 鳥取県の県立高校で授業が再開 当面はクラスを2つに分割し出席番号奇数者と偶数者が交互に登校する分散登校の措置が取られる 同県では緊急事態宣言前にいったん再開していたが、緊急事態宣言を受けて再び休校に入っていた 小中学校は同日から分散登校で授業再開した自治体と休校継続の双方がある
2020年5月7日 青森県の公立高校で入学式と始業式が行われる 小中学校は自治体によって同日に授業再開と休校継続の対応が分かれ、授業は当面分散登校が行われる
2020年5月7日 岩手県の多くの小中学校、高校で通常授業が再開 児童生徒と教員はマスクを着用するが、東京都本土側で検討中のような透明シート囲いなどのオーバーな装備はなく、体育の授業も従来通り行われる 同県では国内で唯一確認されたコロナ感染者がいない
2020年5月7日 フランスで5月11日から外出制限が緩和され8割以上の学校が再開されると発表 公共交通機関ではラッシュ時の乗車制限のほか11歳以上の者に罰則付きマスク着用義務が課せられる 同国のコロナ死者数はこの時点で2万5千987人


2020年5月8日 ANAホールディングスが2021年度の社員採用活動の中断を発表 コロナ騒動による利用客の落ち込みでANAグループでは1か月に1千億円ほど失っており、メガバンクからの借り入れや航空機の売却で凌いでいると伝えられる
2020年5月8日 国内のコロナ死者が600人を超える
2020年5月9日 東北地方で初のコロナ死者
宮城県の80代の男性 居住市町村や持病など県は公表せず
2020年5月9日 東京都の島しょで初の感染者 御蔵島村の村議会議長 4月11日から14日に掛けて入院中の家族を見舞い本土側の病院を訪れていたと発表 議長はヘリコプターで本土側病院に搬送された
2020年5月10日 首都圏の小規模のバーやナイトクラブなどが自主的に深夜営業再開を始める 長引く自粛要請に愛想を尽かした店主の声が伝えられる
2020年5月11日 倉敷天領まつりの中止が決定 7月18日予定だった 同まつり実行委によって4月30日に募集開始されていた倉敷小町(岡山県倉敷市)は中止や延期はされず募集を続行


2020年5月11日 上海ディスニーランドが営業再開 1月25日に休止していた 他国のディズニーランドは閉鎖が続いており、コロナ騒動後の再開は上海が初めて
2020年5月11日 関西国際空港(大阪府泉佐野市)の4月の出入国者数が前年比99.8%減と報じられる 2020年4月の6683人は1994年の開港以来最低の数字 関西空港は元日産自動車会長のゴーン被告が密出国に利用したことで世界有数の著名空港となっている
2020年5月11日 緊急事態宣言が解除された地域でレジャー施設等が徐々に再開される 静岡県富士宮市では、入場を市民限定として市外からの来場を拒否する施設も


2020年5月12日 横浜観光親善大使(横浜市)の当年度就任が公表される 例年より1か月以上遅れ、この時点では報道発表も省略されている
2020年5月12日 スカイマーク社が5月23日から31日までの航空便時刻を発表 減便または路線運休が21路線1185便に及び、就航率は14%にまで落ち込んだ 緊急事態宣言の継続で引き続き同社の仙台、茨城、成田(千葉県)、中部(愛知県)、長崎、奄美(鹿児島県)の各空港発着便は全滅状態が続く
2020年5月12日 在日米軍司令部が在日米軍基地と施設を対象にした「公衆衛生上の緊急事態宣言(PHE)」を6月14日まで延長 4月6日に関東地方、4月15日に日本全国を対象として発出(当初の期限は5月15日)していた 米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町、沖縄市、北谷町)を例にとると、軍人軍属は基地外のバス、タクシー、飲食店(持ち帰りも不可、ドライブスルーは可)、ショッピングセンター、宿泊施設、理美容店、ジムなどの利用が禁止され違反には罰則もある


2020年5月13日 国内のコロナ死者が700人を超える
2020年5月13日 高田川部屋の三段目力士、勝武士(しょうぶし)が死去 大相撲で初めて新型コロナウイルス感染が判明し、新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全と死因発表 28歳で、日本での新型コロナ感染症で20代の死亡は初めて 糖尿病の低血糖障害を発症していた、コロナ騒ぎでぶつかり合いなどの十分な稽古ができていなかったと伝えられる


2020年5月14日 政府が新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を39県で解除した 特定警戒都道府県のうち、北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府、兵庫県の8都道府県の解除可否は次週以降に持ち越し
2020年5月14日 島根県が休業要請に従わなかったとしてインターネットカフェの店名を公表 パチンコ業種以外で店名が公表されるのは初めて ただし同県は同日に緊急事態宣言が解除されたため休業要請は無効となり、意味のない公表となった


2020年5月14日 草加市(埼玉県)が「草加さわやかさん」の選考時期を当初予定の5月31日から秋ごろへ延期すると発表
2020年5月14日 二本松の菊人形の開催中止が発表される 菊むすめ(福島県二本松市)の募集は行われていたが、選考を行われないことになったと報じられる
2020年5月14日 食品以外の日用品フロアでも営業再開した玉川高島屋S・C(東京都世田谷区)で店員がフェイスガードを着用して接客 入り口では火接触体温計とサーモグラフィで客の検温を実施している 14日時点の営業はテナントの6割程度と伝えられる


2020年5月14日 国交省が「羽田発着枠政策コンテスト」の結果を発表 ANAの鳥取空港、岩見空港(島根県)との各線などとの発着枠を獲得したが、実際に飛行できるかは既に微妙 同コンテンストはコロナ騒動前の2019年12月に募集されていた
2020年5月15日 厚労省が4月に献血採血を用いて行われた新型コロナウイルス感染症の抗体検査の結果を公表 それによると東京都の陽性率は500検体で0.6%、東北6県では500検体で0.4% 元々一定の誤差は避けられず複数の検査キット間でもばらつきがあるため、より多くの検査が必要であるという 大規模な検査が近く行われる見込み
2020年5月15日 郡山うねめまつりの開催中止が発表される ミスうねめコンテスト(福島県郡山市)も行われないが、ミス不在となるか任期延長かについての言及はこの時点ではない
2020年5月15日 ミスあきたこまち(秋田県)の募集中止が発表される 前年選出者が引き続き活動するとしている


2020年5月15日 観光大使かみいち(富山県上市町)の応募締切延長が発表される コロナ騒ぎによる外出自粛要因で応募低調となり選考会の開催も当面困難であることが理由と見られる 選考と任期開始も例年より一か月程度後ろ倒しとなる
2020年5月15日 福岡県の緊急事態宣言の解除を受け、あさくら観光協会(朝倉市)が観光案内窓口を再開 緊急事態宣言が解除された他市町村でも追従の動き


2020年5月15日 薩摩川内親善大使(鹿児島県薩摩川内市)の募集が始まる 例年より少し遅れたが、緊急事態宣言の解除後すかさず募集が開始された
2020年5月15日 ミスせともの(愛知県瀬戸市)の募集が始まる 例年より少し遅れたが、緊急事態宣言の解除後すかさず募集が開始された
2020年5月15日 アパレル大手のレナウン(東京都)が経営破綻 元々業績が芳しくなかったところ、中国企業からの支援も手薄となり、コロナ騒動で百貨店のテナントが長期休業したことでトドメを刺されたと伝えられる
2020年5月15日 NHKが大河ドラマ「麒麟がくる」の放送一時中止を発表 ゴールデンウィーク前は「放送中止の予定はありません」と強気に民放の一部報道を打ち消していたが、 コロナ騒動の継続で収録が進まないため遂に降参 6月7日の放送限りで休止となる 再開はこの時点では未定
2020年5月15日 新型コロナウィルス感染症の死者が世界で30万人を超える 死者数上位はアメリカ、イギリス、イタリア、フランスの順


2020年5月15日 米大統領のトランプ氏が「抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンをコロナ予防薬として飲んでいる」と発言 『米食品医薬品局(FDA)は4月、COVID-19患者へのヒドロキシクロロキンの使用が「安全で効果的だという知見は得られていない」と勧告。重篤な心拍異常など副作用を引き起こす可能性があると警告している。』(BBCニュース日本語版) ただし、臨床試験自体は進行中と伝えられる
2020年5月16日 福島県観光物産館(福島市)が営業再開 緊急事態宣言が解除された各地の観光物産店舗も徐々に営業再開 当地では東京都心で行われるような極端な取材時の「3密回避」は取られていない


2020年5月16日 ドイツでプロサッカーの公式戦が行われる 約2か月の中断を経て無観客で再開 韓国では5日にプロ野球、8日にプロサッカーがそれぞれ無観客で再開している
2020年5月17日 横浜市港南区で住宅火災があり2人の遺体を確認 高齢の親子と見られる 出火原因等はこの時点では不明
2020年5月18日 安倍首相が検察庁法改正法案の今国会での成立を断念したと伝えられる 強行採決も持さない構えだったが、直近の世論調査で法案反対が多数で支持率低下も報じられ転換した 安倍内閣は1月31日に東京高検の黒川検事長の定年延長を法改正を経ずに閣議決定のみで行うという違法行為を行っていたが、それをコロナ騒ぎのどさくさで後から合法化する手法に批判が集まっていた


2020年5月18日 静岡県が今夏の富士山登山道を開放しないことを発表 山梨県は既に登山道閉鎖を決めており、今シーズンは一般客が富士山に立ち入れないことになった
2020年5月18日 名鉄百貨店(名古屋市)が全館の営業を再開 約1か月ぶり 緊急事態宣言が解けた愛知県内のイオンモールも同日にテナント部分の営業を再開 名古屋三越栄店は17日から、ジェイアール名古屋高島屋と松坂屋名古屋店は19日から営業を再開


2020年5月18日 アメリカのコロナ死者が9万人を超える 同国では死者と感染者が増加しているが、既に50州の大半が外出制限緩和などに踏み切っている
2020年5月19日 文科省が「9月入学」の今年の導入を事実上断念したと伝えられる 外部の学者に依頼し3案をシミュレーションしたが、どの案を採用しても教育現場への大きな負担や入学見込みの児童保護者の不利益が発生するため
2020年5月19日 18日に愛知県新城市の住宅が全焼した現場で見つかった男女2人の遺体が母子で無理心中や自殺の可能性が報じられる 男性は持病を抱えていたという
2020年5月20日 東京高検の黒川検事長が産経新聞記者と朝日新聞元記者と賭けマージャンをしていたと週刊文春が報ずる


2020年5月20日 首都圏在住の男性俳優とタレントが5月中旬に知人女性らと沖縄でバカンスを楽しんでいたと週刊文春が報ずる
2020年5月20日 米当局が日産自動車元会長のゴーン被告の逃亡を幇助したとして元米陸軍特殊部隊員とその息子の2人を逮捕 日本の検察は1月に2人の逮捕状を取っており、この逮捕は日本の検察の要請によるものであると複数の報道があり、事実ならばこの2人は日本に送致される可能性が高い (当サイト注:このような逃亡したから仕方ないと諦めずに他国に跨る重大な事件に掛かる困難な仕事を成立させるのも検察幹部であるが、一方では官邸周辺の「桜」「加計」「森友」のようなケチな事件の揉み消しまでと検察幹部の仕事はとても幅広いと感服笑)
2020年5月20日 69歳の女性が殺害された事件で同居する義理の娘を逮捕 静岡県長泉町 「母親が男ともみ合っていた」と自ら110番していた
2020年5月20日 新型コロナウイルスに感染し自宅療養中の金沢市議がパチンコをしていたと報じられる パチンコ店は休業要請に従わず営業していた その後同議員は自民党を離党するも辞職勧告は無視 何者かに爆破予告される事態に


2020年5月20日 香川おさかな大使(香川県)募集開始 例年通りの時期に応募受付が始まった


2020年5月20日 須賀川牡丹園が営業開始 4月17日に開園すると牡丹キャンペーンクルー(福島県須賀川市)を起用してPRを行っていたが、直前に開園が中止されていた


2020年5月20日 24時間でのコロナ死者数が世界で10万人を超す 今までで最悪の事態 WHOのテドロス事務局長が20日の記者会見で「過去24時間で10万6000人の新たな感染例がWHOに報告された」と述べる


2020年5月20日 新型コロナの治療薬候補だったアビガンが藤田医大(愛知県)らの臨床研究で有効性が確かめられなかったと伝えられる アビガンは元々インフルエンザの国産治療薬
2020年5月20日 九重キャンペーンレディの当年度の就任発表 3月19日締切で1名募集されていた 今年から未婚でなくても応募可能となっている


2020年5月21日 京都府、大阪府、兵庫県の緊急事態宣言を解除 埼玉、千葉、東京、神奈川の首都圏4都県と北海道では宣言を継続


2020年5月21日 夏の甲子園高校野球の中止が発表される 地方大会の拡充など代替措置検討の動きも


2020年5月21日 サンシャインガイドいわき(福島県いわき市)の募集中止 募集時期をギリギリまで遅らせて応募を受け付けていたが、長引くコロナ騒動についに「降参」
2020年5月21日 IOCのバッハ会長が「五輪開催が2021年夏に開催できない場合再延期はない」と言及する 国内で「聞いてない」の声が上がるが、大会組織委員会の森喜朗会長は既に今年4月中に再延期がないことを言明している


2020年5月21日 米厚生省が英製薬大手のアストラゼネカ社が開発した新型コロナウイルスのワクチン候補を3億回分確保したと発表 ただし同ワクチン候補はこの時点ではまだ効果と安全性は確かめられていない 資金力のある国と会社での未完成ワクチンの先買いが過熱することへの懸念が伝えられる
2020年5月21日 東京高検の黒川検事長が辞表を提出 翌日に辞職 処分が給与に影響しない軽微なものになり、黒川氏の定年が既に延長されていることから、退職金は定年前退職の場合の満額が支払われると報ぜられる


2020年5月21日 「桜を見る会」で全国の弁護士と学者らが安倍首相らを刑事告発 安価な飲食の提供が公職選挙法(寄付行為の禁止)違反となり、徴収した会費の政治資金収支報告書への不記載が政治資金規正法違反となるとしている
2020年5月22日 中国全人代が開幕 中国国内でのコロナウィルス感染拡大で延期となっていたが2か月半遅れで実施 香港への監視強化策などが議題になる
2020年5月22日 イギリスでタクシー運転手がコロナ感染者を名乗る客から唾を掛けられた後、新型コロナに感染して亡くなっていたと報じられる
3月22日にタクシー料金の支払いを渋る客から唾を吐き掛けられ、その後運転手は4月に亡くなったと伝えられる 同国では人に唾を掛ける悪質な事案が多発しているとも 同国のコロナ死者数は22日時点で3万6千人余りで世界第二位


2020年5月22日 新型コロナ理由の解雇と雇用契約打ち切りが1万件を超えたと厚労省が発表
2020年5月22日 茨城空港が「休館」の再延長を発表 同空港では5月2日以降民間機の発着がなく、5月16日まで(その後5月31日まで延長)のターミナルビル休止(スカイマーク窓口の払い戻しのみ営業)が発表されていた さらに少なくとも6月11日までは民間機の発着がない「全滅」状態が続くことになる
2020年5月22日 パチンコ店の業者団体の全日遊連が4月までの組合加盟店舗の実態調査結果を発表し3月に66軒、4月に68軒が廃業 翌23日から緊急事態宣言が解除された府県で大手も営業再開する見込み
2020年5月22日 国内のコロナ死者が800人を超える
2020年5月22日 日本小児科学会が「学校や保育施設の閉鎖はコロナウィルス流行阻止効果に乏しく子供の心身を脅かす」と警告 同学会は無意味な休校を延々と続けた不勉強な官邸と政府専門家委会議にしびれを切らしてウェブサイトを立ち上げて情報発信を始めた 未だに休校を貫いている自治体教委や私立学校に影響を与えるか注目される


2020年5月23日 飲食店に「営業するな!火をつけるぞ!」と書かれた段ボールを貼って店の業務を妨害した男が逮捕されたと報道 63歳の豊島区職員 このような犯罪行為は「自粛警察」「コロナ警察」「コロナ狩り」と呼ばれている 事件は4月14日で緊急事態宣言発出の1週間後


2020年5月23日 務め先の役員を殴り意識不明の重体にさせていたフィリピン国籍の男を、役員の母親への殺人未遂の疑いで再逮捕 愛知県大府市 「新型コロナウイルスで仕事が少なくなり金に困っていた」と供述
2020年5月23日 海外でも人気のプロレスラーでタレントの木村花(きむら はな)氏が死去したと発表される 同氏をSNS上で中傷する事案が相次いていることを気にしていたと伝えられ、自殺と見られる 22歳 出演していた番組の放映中止が決定


2020年5月24日 埼玉県の男が「お父さんとお母さんを殺した」と出頭 県警が自宅を捜索し遺体を発見、同居する60代の両親と見て調べていると伝えられる
2020年5月24日 香港で社会統制を強める「香港国家安全法」に反対する数千人規模のデモ 200人以上逮捕の情報も 同地域では新型コロナウイルス対策で9人以上の集会が禁止されている 香港では既知コロナSARSの教訓を生かして同日時点で新型コロナ死者をわずか4名に抑え込んでおり、3月13日を最後に死者の発生がない
2020年5月25日 緊急事態宣言が発出されたままだった埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県で解除され、これで全国で解除 ただし都道府県により一部業種の自粛要請などが続く 休校を続ける学校も


2020年5月25日 賭けマージャンで辞職した東京高検検事長の黒川氏の処分が懲戒ではなく軽い訓告で済んだのは、官邸主導によるものであったと共同通信社が報じる それによると法務省はより重い懲戒が相当だとしていたが、総理官邸からの圧力でより軽い処分に変更させられたことになる 安倍首相と森法相は、法務省と検事総長で決めたと答弁していた


2020年5月25日 埼玉県深谷市の公立中学校が「アベノマスク」着用を強制する内容の印刷物を生徒に配布 『27日の登校日について学校側が作成し生徒に配布。持ち物の説明には「アベノマスク着用(別のマスク着用生徒については携帯しているか)の確認」、「個別指導」の項目には「アベノマスク(着用もしくは持参)を忘れた生徒は少人数教室に残る」と記されており、政府が配布している布マスクの着用を強要しているように読める内容となっていた。』(Biglobeニュース)
2020年5月25日 全日本合唱コンクールの中止が決定


2020年5月25日 プロ野球の今シーズンの開幕が6月19日に決まる 当面は無観客 3月20日に開幕予定だった 昨シーズンの143試合から減って120試合で、交流戦とオールスターゲームは実施しない セリーグはクライマックスシリーズを実施しない方向で検討されており、パリーグは未定


2020年5月26日 ブラジルの5月25日一日のコロナ死者が800人超と伝えられる
2020年5月26日 集団感染が発生していた永寿総合病院(東京都台東区)が一部の外来診療を再開 同病院では214人がコロナウィルスに感染し、うち43人が死亡したと伝えられる 集団感染が発生した後の3月25日から外来診療を中止していた
2020年5月26日 5月12日に同居する父親を刺殺したとして横浜市の自称高校2年の少年を逮捕したと神奈川県警が発表 相模原市に居住していた2月以前に「父親から暴力を受けている」として児童相談所に保護されていたこともあったと伝えられる
2020年5月26日 将棋の名人戦の第一局が6月10日に決まる 2か月遅れ
2020年5月26日 サファイア(兵庫県宝塚市)の6月1日募集開始が発表される 例年より約3か月遅れの募集 コロナ騒動の様子見をしていたが緊急事態宣言の解除を受けて始動したと見られる 公開選考会はなくなり、すべて非公開で選考される


2020年5月27日 米国ミネソタ州ミネアポリスで、26日に黒人男性が警察に拘束された際に死亡したことへの抗議活動が活発化 コロナウィルス禍でもお構いなしにデモが繰り広げられている 一部で暴動化し投石や催涙ガスが飛び交う


2020年5月27日 百貨店の高島屋が国内すべての店舗で全館営業を再開
2020年5月27日 全身やけどで治療中だった京都アニメーション放火事件の容疑者が事件から10か月後に逮捕される 同容疑者は自力歩行ができず排泄も介助が必要な状態と伝えられる
2020年5月27日 日本政府が2020年度第2次補正予算案を閣議決定 事業規模は117兆円、新規国債発行額は90兆円を超える
2020年5月28日 アメリカのコロナ死亡者が27日に10万人を超えたと伝えられる CNNによると、同国内で初めて死者が確認された2月6日以降平均1日800人がコロナウィルスで死亡している
2020年5月28日 茨城空港の愛称に「Tokyo Ibaraki International Airport」を選定 茨城県の有識者会議が答申した 正式には6月以降に県知事が決定する 同空港はこの時点国際国内ともに発着便がない全滅状態


2020年5月29日 大分市親善大使の就任発表 コロナ騒動を受けて同規模の市で募集中止や募集後の選考中止が相次ぐなか、ほぼ計画通りに募集選考が実施された


2020年5月29日 安倍内閣の少子化社会対策大綱を閣議決定 「希望出生率1.8」が盛り込まれる
2020年5月29日 北九州市でこの日26人の新規感染を確認 1週間で69人 市長は「第2波の真っただ中にいる」と発言するも官房長官は第2波を否定
2020年5月29日 厚労省がコロナ感染後の療養解除の基準を変更 発症から14日間経過し、かつ症状が軽くなってから72時間経過している場合はPCR検査なしで退院できる 発症から10日程度経過すればウイルスが検出されても感染させることがほとんどないことが明らかになっていることから療養解除の基準を見直した 従来は一律的に2回のPCR検査をパスするまで既にコロナ感染症から回復している元患者を隔離し続けてしまっていた


2020年5月29日 プロサッカーJリーグの7月4日再開が決定 当面は無観客 全選手へのPCR検査を実施する
2020年5月29日 プロ野球阪神の藤浪選手が前日の全体練習に遅刻し2軍落ち 大手メディアを通じて発表されるものとしては恐らく世界で初めて(当サイト調べ)「コーヒーやワインの臭いや味が感じなくなった」とコロナ感染症初期の自覚症状である味覚や嗅覚の障害を明確かつ具体的に表現したのが同選手
2020年5月30日 横浜開港祭親善大使(横浜市)が横浜開港祭YouTube公式アカウント映像に出演 事実上の就任発表だが、2020年の横浜開港祭は4月15日に中止が決定しており、活動機会は消滅している

 
2020年5月31日 集団感染が発生していたクルーズ船「コスタアトランチカ」が長崎港を出る 149人が感染したが死亡者はいない 修理のため2月1日から停泊していた
2020年5月31日 アメリカのスペースX社が有人宇宙ロケットの打ち上げに成功 国際宇宙ステーション(ISS)に向かう 民間の有人宇宙ロケットの打ち上げは初 米国のロケット打ち上げは9年ぶり
2020年5月31日 北九州市が小学校で「クラスター」発生と発表 この日小倉南区の小学校で4名の児童の感染が確認され、28日に感染が確認されていた児童を含めると計5名となったため、同市はクラスター感染だとしている

(参考文献:読売、朝日、毎日の各紙 NHKラジオ第1、米ABCニュース配信版 東洋経済、週刊文春、週刊ポストの各誌サイト 厚労省、文科省、外務省の官庁サイト、twitter、Facebook、Instagram、YouTubeのSNS投稿と引用元記事) 
 

 家や都府県内に閉じ込められ、外出が許されずテレビとネットだけに縛られた人たちは、「叩く相手」を探し、テレビが報じる中で目を付けた「コロナ感染者」「他府県ナンバー」「仲良く歩く2人連れ」「パチンコ屋」「意見を表明する有名人」などを、メディアさんと一緒になって「悪人」に仕立て上げ、悪人にされた無実の人々をこれでもかと激しく叩く。そのような醜い出来事が4月から引き続いた5月でありました。

 さらには、コロナ騒ぎに隠されてしまって、家への閉じ込め政策が引き起こした「コロナ過剰防疫体制関連死」の被害者でニュースになって出てくるのはほんの一握りです。鉄道の人身事故なんてもう当たり前でメディアさんも数字を稼げないので、殺人事件くらいしか経緯が報道されません。
 
 (ここまでの統計値は2020年5月25日現在 出来事は5月31日まで随時更新)

 しかし、6月が近付くにつれ、明るい兆しも見られます!

 今までの官邸さんや都庁さんの傀儡の防疫の権威の「専門家」さんによる新型コロナとは別の危険な感染症での大昔の知見に基づく不労所得者さん目線での度を越したコロナ施策を正そうとする動きが出てまいりまして、例えば日本小児科学会さんが『一斉休校は子供の心身を脅かし、コロナ感染拡大防止効果も薄い』『子供は他者へ感染させる力が弱く、多くは大人からの感染』と毅然と情報発信を始めるなど、最新かつ正確なコロナウィルスに対する知見で、コロナ過剰防疫体制の是正を試みる取り組みが拝見できるのであります。
 
 前回の記事でも触れましたが、学校のコロナ感染複数発生なんぞはインフルの集団感染に比較したらどうでもいいような小さなことです。むしろ、学校ではなく、それぞれ親の世代で市中感染が広まっていると理解した方がいいです。新型コロナ感染症COVID-19では健康な若年者は死にません(海外は別=前回記事参照)。10歳代の重症化例も、この記事を書いている時点では国内は1件のみです。コロナ騒動から子供を守ること=通学させて外で遊ばせることであります。風評脅威の洗脳から抜け出せていない人たちを甲子園球場から閉め出せば、夏の高校野球全国大会も余裕でできます。
 
 第2波や3波も予想される新型コロナSARS-CoV-2でありますが、社会崩壊を引き起こす不要不急な自粛要請が2度3度と繰り返されることがない、冷静で知的な緊急事態宣言明けの6月でありますように。
 
 
おまけ:「コロナウィルスのことだけしか考えられなくなった病」に罹った人たちへの対処の仕方(案)

マスメディア上で散見されるコロナ騒動以外に関心が向かなくなってしまっている人の発言の例(圧力、仕事、集団催眠効果などで言わされてしまっている人を批判するものではありません) そのような発言に対しての脳内(笑)での回答または問い返しの例(大多数に正しい理解が浸透するまでは、公の場で発言することはお勧めしません)
コロナに負けるな。 まだそんなことを? 抗ウィルス薬やワクチンという武器を手にしても、インフルエンザで毎年のように日本で1万人、世界で20万人とか50万人が命を落としています。スペイン風邪(スペインフル)から100年間負けっ放しです。勝てない戦いはやめましょう。
勝てない相手とは仲良く付き合うか、ペットとして飼い慣らすのが吉。
コロナ騒ぎに負けるな。
感染者が増加している。気の緩みが出ている。 気が緩んだのではなく何度も繰り返す「この週末が正念場」「GWまでの辛抱」「この2週間が分岐点」の狼少年発言に貴殿を信用しなくなったのです。
このまま言うことを聞いていては潰されてしまうだけなので各自判断して行動し始めたということです。
100年に1回の災厄であるコロナウィルス禍で国民の生命を第一に考えた行動であるとすれば、外出と営業の自粛要請は必要な措置。 インフルエンザ未満の小さな脅威であることを認めたがらないコロナウィルスのことしか意識のない人たちが行う、コロナ感染症以外の病気や事件事故で亡くなる人の生命を軽視した無駄な措置。
数週間の自粛要請を何度も繰り返すと国民は疲弊してしまう。 仰せの通りです。疲弊するだけで役立たずの自粛要請はもう二度とやらないでください。
感染者数が増加したら緊急事態宣言を解除しても再び発出する可能性があります。 元々死者数が日本のように非常に少ないレベルに抑えられていれば外出や移動の制限は不要で、一般人は身の回り、行政は公共の場所と病院内の衛生管理に集中すれば済むことです。
感染力も感染メカニズムもインフルエンザと同じことが判明して月日も経過していますし、例年のインフルを遥かに下回る新型コロナウィルスごときの流行のレベルであれば、「緊急事態宣言」は効果が僅少にも関わらず社会的影響が膨大です。つまり日本では「緊急事態宣言」はいらないということです。
医療崩壊を防ぐためにも緊急事態宣言の発出は必要です。 インフルの重症化肺炎で週に数百人が亡くなる修羅場でも医療崩壊は起きていません。インフルの季節が終わり余裕がある状況下でコロナ死者が全国で週にたった十数名や数十名の流行レベルでは医療崩壊はしません。ハンセン病患者隔離政策でも「専門家」さんたちは病原体の脅威を過大捏造する「風評脅威」を用いて国民の関心を引いて権威を上げてきましたが、今の官邸さん御用の「専門家」さんも吹っかけがお好きなんですか?
既にベッド数はほぼ満杯で、あと少しでも感染が拡大すればいつ医療崩壊が起こってもおかしくないレベルにあります。 調査を徹底したらやっぱり軽症者を入院させていて、軽症者を入院させないことを厳格化して軽症者と回復者を病院から出したらベッドの稼働率はめっちゃくちゃ余裕あったじゃないですか。恐怖心を煽って関心を引いて記者会見の注目度を集めたいのでしょうか。嘘はバレます。
実際に院内集団感染が発生して医療崩壊に近い状態に陥っていました。 元々金儲けのためにベッドを高齢慢性病者で埋めて病院を介護施設代わりにしていた。そこへコロナ軽症者を入院させてしまい、コロナ軽症者と非感染者を混在させた病棟で元気なコロナ軽症者と認知症者が院内を歩き回って感染を拡大させた。ごちゃまぜ収容で感染拡大させたのは横浜のクルーズ船と同じです。医療崩壊寸前はコロナウィルスのせいではなく、病院経営の堕落と軽症者入院という愚行の結果。
集中治療にあたる医師が不足気味でギリギリのところで医療を支えています。 過疎地は足りていませんが、医師が偏在集中して過剰気味の首都圏でそれは通用しません。必要な地域と必要な診療に配置できてないのは、カネ目当てで文科省官僚の息子や医大OBの息子を優遇して医学部に合格させ、揺るぎない信念を持つ浪人生や優秀な女子受験生を不合確にする入試不正を長年行っている結果。都会で楽で安全で暇な仕事しかしたがらないお坊ちゃま医師ばかり増やしてしまって、真に必要な医療を疲弊させているのは、医大の経営層
来場者200人を超えるイベントの開催はしばらく行わないでください。 年末の「コミックマーケット」は来場者50万人、年始の「ふるさと祭り東京」は40万人です。それらの来場者と出演者が東京と日本各地を往復してインフルエンザを拡散することによって、成人式に掛けてインフルで毎年のように4000人ほど亡くなっています。
コロナ感染症高リスク者の命だけを助けたがるのはやめましょう。人の命の重さがコロナ死者もインフル死者も同じならば、イベント実施規制は不要です。各自と主催者が衛生管理と設備提供をしっかり行い、鉄道やバスの運行本数と駐車場の収容数をケチらずに十分に確保すればよいだけです。
多くの若い人が飲食店に集まって会話することによって新型コロナのクラスター感染を起こしている。 少数の高齢者の客がスーパースプレッダーとなって他の多くの若い客や店員に感染させているだけの話です。健康な未発症の若年者は他者へ感染させることはほとんどなく、感染させられても未発症か軽症で済み、死にません。したがって、飲食店での若年者の新型コロナ集団感染は、インフルエンザ未満の小さな問題です。
大阪市のライブハウスでは30代の看護師が感染して高知県で家族に新型コロナを感染させているぞ。 持病のない若者もスプレッダーになるぞ。 30代が若年者かどうかは置いておくとしても、当該の30代看護師は別の病気(恐らく細菌感染)の風邪の症状で抗生剤処方され治療中だった。喉に炎症があり新型コロナに感染されやすい状態だったため、ライブハウスでは、持病あり50代または持病あり40代から新型コロナに感染させられた。そして高知県に戻った後、新型コロナではない風邪の症状による咳で家族に感染させた。つまり、たまたま新型コロナ感染前から「健康でない状態」だったため他者に感染させることが可能となっただけの話
「この1、2週間が感染拡大か収束かの分岐点となる」という言葉が一人歩きしてしまっている。 「専門家」の発する言葉の影響の大きさを考えますと、言葉を受け止めた人のせいにするのは良くないですし、一人歩きしてしまう言葉を発すること自体が間違いです。
PCR検査実施数が圧倒的に少ない中、実際の感染者数の増加時期を見誤り、外出&移動&営業自粛(緊急事態宣言等)を実施する時期を間違えた。あるいは、効果がある時期を大きく過ぎた時期に行ってしまい、数字上で感染拡大が縮小したように見える状態に2週間で持っていくことができなかった。緊急事態宣言等を実施した価値があったと説明して協力した国民から共感を得るためには、緊急事態宣言等を延長するしかない状況に陥ってしまった。

 批判する気はなく単なる例として取り上げますが、弁護士資格をお持ちの法務大臣さんでも法律を読み間違えたり解釈を誤ったりします。当サイトも間違いだらけですし、見つけ次第訂正や補足をしたり頂戴したご指摘を受け入れたりしています。
 
 誰でも間違いはあるので、件の法相さんも、当該法成立の経緯を知る法務官僚出身の学者さんやベテラン弁護士さんから間違いを指摘された時点で撤回や修正をすれば大きな問題にはならなかったのです。しかし、権威を維持しようとして詭弁で強行突破しようとしたり官僚さんに答弁変更させるような工作を行ったり間違いを法改正の後付けで正当化しようとすると、出口のない隘路にはまってしまいます。その結果「#検察庁法改正反対(でしたっけ?)→賭けマージャン→強行採決断念→辞任→審議停滞→コロナ騒ぎを使って吹き飛ばせていた諸々の官邸さん周辺の醜聞が再燃→近くもっと凄い事態(笑)」のようなことになってしまいます。


 同じように、官邸さん御用の防疫の「専門家」さんたちも間違えます。海外の事例や過去の他の感染症やおいて培われた知見が今回の日本で役に立たず仕方ない面もあると思います。でも少なくとも放送番組や新聞に出てくる病院医療やウィルスの専門家さんたちから指摘されたことを受け入れて訂正や変更をしてくれたらいいのですが、どうもWHO出身やその道の権威の肩書が邪魔をするらしく、それができず、既に行ったことの正当化をしてしまっています。これは、血友病研究やハンセン病研究の世界的権威の「専門家」たちが、いずれも後で明らかになった誤りの指摘を受け入れずに自己の正当化に躍起になった結果、被害を拡大させたことに通じます。

(そう言えば、今年の2月ぐらいまでは、感染症の世界的権威であるWHOのトップの人も「マスクは予防効果が確認されていない」「WHOとしてはマスク着用は非推奨」とか言っていましたっけ(笑)。今は結果どうなっているのでしょう、自明なのでもうわざわざ調べませんけど(笑笑)。庶民が独自に会得した新しい知識と長年の経験則のほうが信用できるケースって、結構あるかもです。)
 
 しかも、責任を追及されることを恐れる「専門家」さんたちは、政府専門家会議の議事録が作成されることを頑なに拒むことで、愚策を主導した「専門家」や首相補佐官が誰であるのかを特定されないように防御しております(笑)。要するに、政府専門家会議というのは、匿名の無責任発言を積み重ねて愚策方策をまとめあげる無責任者の集まり(一部の病院医療やウィルス等の専門家を除く)であります。その信頼度は匿名掲示板と同レベルに過ぎません。

日本国のコロナウィルス死者数は東京経済オンラインより
 検証して何が間違っていたのかを明らかにして、提言する施策を変更する勇気を持っていただきたいと切に願います。個人的には「この週末が」「この3連休が」「ゴールデンウィークが」を繰り返して多くの人の取り返しのつかない損失を膨らませてしまっている人については、専門家会議から外れたほうがいいと思っています。


 官邸さんだけではなく、例えば、闇雲に公園の遊具を使用禁止にして、休校が続く中活動の機会を求める健全な親子を公園から排除してしまった自治体さんも多かったと思います。手洗い場をきちんと設けて「遊ぶ前後には手を洗おう」で良いのです。賢明な自治体さんではそれができています。何でも自粛すればいいだろう的な無思考措置しか採ることができていなかった一部の自治体さんには、2度と遊具使用禁止のような無意味な迷惑行為を繰り返さないよう、しっかり反省されることを期待します。
 
 PCR検査実施数が圧倒的に少ないことのせいにするのは分かりますが、(今年2月あたりだったならば別ですが4月以降における)連休や週などの期間を区切った根拠のない「ここが我慢のしどころ」的な発言は専門家さんは厳に慎んでいただきたいところです。無責任な発言のおかげで、一部自治体さんにおける「コロナウィルスの収束まで自粛して我慢してステイホーム頑張ろう」(←何年間も仕事も遊びもしないで不労所得者と公務員以外はどうやって生きていくの?)や、観光地さんの「コロナウィルスが終息したらお越しください」(←それまで持ちますか? 年金生活者と農家と公務員だけが生き残っている廃墟街になっちゃっていませんか?)のような間違った呼び掛けがなされてしまいます。

 数字を稼ぎたいメディアさんも、支持率を取り戻したい政治家さんも、権威を上げたい「専門家」さんも、少しでも注目を集めて格好よく決めたい。そのために物事をオーバーに伝える誇大広告を繰り返す。それが積み重なると、小さな出来事が、実体を遥かに超えた大きなものへと膨んで伝わってしまう。その結果騒ぎが無駄に大きくなってしまうということを学ばせていただいたコロナ祭りでありました。
 
 

マスメディア上で散見されるコロナ騒動以外に関心が向かなくなってしまっている人の発言の例(圧力、仕事、集団催眠効果などで言わされてしまっている人を批判するものではありません) そのような発言に対しての脳内(笑)での回答または問い返しの例(大多数に正しい理解が浸透するまでは、公の場で発言することはお勧めしません)
大切な人の命を守るため、不要不急の外出と都道府県間の移動は自粛してください。 それももう聞き飽きましたが、少数のコロナ死高リスク者の命だけを優遇するための「自粛」はお断りします。多数のインフル死や事故死などに向き合う人の命も平等に守るほうを選択します。
「自分自身」「私に投じてくれる固定組織票」なる卑しきを「大切な人」なる美しき言葉に置き換えることこれ醜怪極まりなし。
全国民に2枚マスクを送ることにしました。もう少しお待ちください。 いつの話ですか? と言いますか、まだやってたんですか? いつ届くんですか? 生産能力がなく品質保証もできない与党さんの身内の製造業者さんを潤わせるだけで国民には全然嬉しくないマスクの送付なんてもういいですから、病院に医療器具を送ってください。
と申しますか、その窮屈で顎が大きくはみ出すダサいマスクをいつまでも着用させられて少し気の毒に思います。弱みを握られている補佐官さんから罰ゲームでも受けているのでしょうか。
次回の登校日にはアベノマスクを着用して来ること。別のマスクを着用している場合は、アベノマスクを携帯しているか確認します。アベノマスクを忘れた生徒は、小教室で個別指導を行います。 公立中学校の教諭が配布印刷物で「アベノマスク」なる用語を使うとか、それ以前に生徒と保護者の爆笑を狙った大ネタだろうとか、突っ込みどころが多過ぎてとても苦しいです(笑)。
この先生が大好きになりましたので、深谷市さんには先生のお名前と学校名を是非お教えいただきたいです。お食事でもご馳走して何時間も楽しくお喋りしたいので(笑笑)。
今回のコロナ祭りの出し物で一番楽しませていただきました _o_
国産のアビガンが治験中でコロナ感染症の特効薬となる期待をいただいています。レムデシベルも米国での承認が下り次第直ちに日本でも承認します。 注目を浴びたいがために変に期待を持たせるのはやめましょう。「特効薬が出てくるまでの辛抱だ」とか勘違いする人が出てくるだけです。既存医薬品で回復する人は回復するし、回復しない人は回復しない。健康な若年者は薬を使って回復に至る期間を短縮できるが、そうでない人はそうでないリスクも高くなる。コロナの重症化肺炎もインフルの重症化肺炎も同じです。
感染者と感染の恐れのある職業に就いている人やその家族への差別はやめましょう(棒読み)。 これはハンセン病と同じです。表面的に「差別をやめよう」を繰り返すだけでは差別は絶対になくなりません。政府や自治体がインフルエンザを超える防疫体制を敷いている以上、大衆はコロナウィルスはインフルエンザを超える脅威であると理解してしまいます。

 相変わらずインフルを超える過剰な防疫体制が正しい理解を妨げています。
 
 ハンセン病の場合は、過剰な防疫体制を解き、過剰防疫体制を敷かせている元凶(国に認められていた伝染病と防疫の権威の「専門家」、その「専門家」を囲っていた権力者と側近、「専門家」が提言し国民に従わせていた間違った施策や法律)を取り除くことによってようやく差別が解消しました。コロナの場合も同じように「『元凶』を取り除く」ことによって「脅威の大きさが正しく伝わるようにする」。そうすることによってようやく差別は解消に向かいます。感染者差別は楽チンな言葉や標語を並べるだけでは効果はなく、労苦を伴う行動によってのみ解消に至ることを歴史が証明しています。

 コロナウィルスの「風評脅威」と膨らませられた脅威を根拠にする過剰防疫体制をなくさない限り、コロナ感染差別は表面的には消えても水面下ではなくならない。これもハンセン病や薬害エイズと同じです。人って学ばないですね。
 
 

マスメディア上で散見されるコロナ騒動以外に関心が向かなくなってしまっている人の発言の例(圧力、仕事、集団催眠効果などで言わされてしまっている人を批判するものではありません) そのような発言に対しての脳内(笑)での回答または問い返しの例(大多数に正しい理解が浸透するまでは、公の場で発言することはお勧めしません)
他府県ナンバーの自動車が来ているとか公園で子供を遊ばせているとか海岸にサーファーが来ているとか河原でバーベキューやってるとか男女が手を繋いで歩いているとか店が自粛せずに営業しているとかの通報が多く困っているので自粛に協力してください。 極めてどうでもいい話ですが、不労所得暇人さんの憂さ晴らしや趣味のコロナ自警団を勢いづかせてしまっているのは、貴殿を含むコロナの風評脅威を膨らませた人たちなのでご自身で解決してください。
自動音声に転送して苦情の分類だけ押ボタンで選択させて記録し、あとはAIの自動応答ロボットさんにでも相槌を打って貰って気の済むまま自由に喋らせて録音は循環削除設定すれば済むのではないでしょうか。
営業を自粛しないパチンコ店をすべて特定して店名を公表しました。 これも極めてどうでもいい話ですが、店名公表は「コロナ祭り中でも開店中の店舗の宣伝」をしているのに等しいです。地元の客足が減って困っているパチンコ店への遠方から集客するための宣伝支援サービスを税金でしておられるのですか笑? そんな暇があるのならば、感染者を特定したり第三者を感染者と決めつけて実名を挙げてネットで中傷している名誉棄損犯を特定して氏名を公表するほうに時間を割いた方がよいと思います。
他の都道府県からの来場はご遠慮ください。 鎖国を貫かれるのですか。大都会の外貨をアテにしない硬派な内需のみで回す経済ですね頑張ってください。と申しますか、地元の高齢者さんから非国民とか殺人鬼とか罵声を浴びせられてメディアさんにヘリから空撮されて駐車場閉鎖の嫌がらせされてご当地コロナ自警団さんに通報されて写真撮られてSNS投稿されて脅しのチラシを貼られて落書きされてコロナ拡散犯とか決めつけられて中傷されるような市町村なんて、怖くてもう二度と行きたくないと思われることでしょう(笑)
地元民以外の人は海岸や河川敷への立ち入りをご遠慮ください。バーベキューや飲食や水遊びや複数人でのゲームスポーツや会話合唱は禁止します。駐車場やトイレも閉鎖します。 コロナ自警団さんたちとタッグを組んで自分たちだけファーストの会結成ですね。不労所得市民さんたちからの圧力に屈した行政さん主導の他府県ナンバー狩りと観光客排除警備活動、頑張ってください。でも単純に感染拡大防止が目的なら、そんなことするよりも東京への通勤出張買い物外出禁止命令や浦安テーマパークへの行楽禁止命令を出して、貴市民を貴市内に閉じ込めておいたほうが、コロナお持ち帰りの防止によっぽど効果がありますよ(笑)。俺たちは自由に東京に行くけどお前たちは東京から来るなというワガママな官製コロナ警察さんは本当困ります(笑笑)。
大切なお年寄りが暮らしています。医療が脆弱な町村(または離島)なので、都会から来ないでください。 そんなに観光を拒まれるならば行きません。今は通販やふる税やクラウド寄付で金銭面についてはしのげますが、若年者が来ない所に若年者が居つくことはありません。官邸さんや都県庁知事さんが流す新型コロナの風評脅威を信じて今の高齢者とともに町村(島)が消滅する方を選ぶのも、あるいは風評脅威の嘘を見抜いて町村(島)が生き残ることを選ぶかも自由です。旅行で気に入られて移住先や嫁ぎ先に選ばれる機会を失えば、貴自治体が近くどうなっていくか想像できますか? 貴殿にとって大切なのは、持病高齢者だけなのですか?

 お店やイベント会場で「強制密集」を求められることがなくなるのはありがたいです。大都会の飲食店で窮屈に詰めて座らされることがなくなり、チケット売り場やイベント会場の入場待ちで何重にもぐるぐるとディ◯゛ニー方式の密集行列を無理やり作らされることがなくなると思うと、嬉しくてたまりません。そう言えば新生活習慣とやらが出る前の4月に既にそのようになっています。

 しかし、学校の教壇の透明ビニルorアクリルシートとか、担任の先生のフェイスシールドとか、笑ってしまいます。当サイトでもフェイスシールドをしたご当地大使さんのイラストが登場していましたが、あれはネタですよね笑? 新型コロナ感染症は毎年おなじみのインフルエンザよりも危険が小さい病気なんですよ、OK? 健康な子供にマスクなんてのもいらないです。くしゃみ咳が出るときだけでいい。

 今回のコロナ祭りを観察して分かってきたのは、店主さんや個人経営者さんなどの庶民に近い人ほどできるだけ正しい情報を探そうと努力され、自らができる「ちょうど良い」ウィルス感染防止策を導き出して実践されていることです。

 一方で、お上とその傀儡の「専門家」、大都市の教育委員会などの「官」に近くなるほど、過剰で不必要なことや非合理的な制約を「自粛」や「要請」などで強制(法的な強制ではなく「サーファー叩き」「バーベキュー叩き」「他府県ナンバー叩き」「パチンコ屋叩き」「外出移動若年者叩き」「帰省学生叩き」などの、メディアさんとコロナ自警団さんと首長さん議員さんを使った恫喝強制)したがります。

 年に一万人、ピーク時には週に数百人が亡くなるインフルエンザが流行する時期でも、相応の注意を払えば非常事態にはならなかったのです。比較して死亡者がわずかな新型コロナではそれを超える過剰なものは日本では必要ありません(途上国は別)。過剰な対応が、日常で済んでいたはずのことを、わざわざ非常なものに変えてしまっていたのです。

 「新生活習慣」から非合理で不快なものは取り除き、効果的で快適なものは取り入れ、上からではない、地域の商店、お宿、催し事とその客の庶民の目線で取捨選択を繰り返していけば、結果として良い生活習慣ができてくるのではないかと思っています。
 
 
 ゴールデンウィーク中は澄んだ空気の快晴の日が多かったですが、その時の川と海の水は、一瞬視覚に異変が生じたのかと思うほど澄んでいて、今までの人生で見た中で一番美しかったです。穏やかな天気が続いて‥そうか生産活動の多くが停止しているからかと気付いたわけですが、山や海にお出掛けだった方は、今迄になくもう今後もない一番の美しい自然を感じられたことでありましょう。外へ出る勇気と引き換えに。