第47回沼津農林まつり(2016年12月)

第47回沼津農林まつり
主催 沼津農林まつり実行委員会(沼津市 南駿農業協同組合 ほか)
日時 2016年12月20日(日) 9:30-14:00
場所 キラメッセぬまづ(プラサヴェルデ多目的ホール)
交通 沼津駅(JR東海道線)歩3分

 それなりの収容力の立体駐車場があり、農林まつり会場でのスタンプで割引がある駐車料金は大都会の10分の1程度と良心的なのですが、9:30ごろは駐車待ちの車で庫内も前面道路も大渋滞となっていました。

 来年お出かけの方は、お目当ての商品がなくならないよう、9:00よりも前の到着をおすすめします。公共交通機関のご利用をおすすめしますと言いたいところですが、野菜もお米も重たいですし、目的と荷物を想定しての一考が必要ですねえ。
 
 会場は屋内メインで、この時期にはありがたいです。悪天候でも開催できますね。しかしすごい人。お買い得品は奪い合い状態(汗)。

第47回沼津農林まつりの様子(キラメッセぬまづ)
 なお、事務局さんにお聞きしましたが、ステージ上や会場の撮影と掲載は基本的に制限なしです。
 

第47回沼津農林まつりの様子(プラサヴェルデ敷地)
 屋外にもブースがあって飲食できます。焼きそば200円税込は大都会では考えられません。しかもおいしい。
 
 
 早速、なんすんレディさん入場!

‥なんですけど、地元の敏腕カメラマンの方々の独占タイムのようなので、遠征のよそ者はちょっと遠慮して、先に買い物を済ませるのでありました。
 
  
沼津農林まつりで購入した野菜の一部
 白菜一つ150円税込!
 
‥とか言って喜んでいる時間を利用して予習しますと、なんすんレディは東京進出を果たしておりまして、今年の初めにもお見えになり、

「JAなんすん」なんすんレディさんの後姿
 その際、なんすんレディさんの後姿を紹介しました(そのときの記事は現在は非公開)。
 
 寿太郎みかんの試食宣伝ですね。なお、寿太郎みかんが市場に出るのは年が明けてからでそうです。
 
 元々県の農業部局や全農の県本部などの県域農水産物ミスと違い、地域JA(単位農協)のプロモーションガールは不明点が多いうえ、なんすんレディさんが関東地方にお越しになるのはこの年1回だけのようでして、活動人数も一定していないとか謎だらけです。

 そこで例によりまして、百聞は一見にしかず。沼津にやって参ったのでありました。
 

 おっと、その前に。ここ沼津市での開催なので、
 
ぬまづ茶の試飲宣伝を行うぬまづ燦々レディーの石野沙依さん(沼津農林まつり)
 ぬまづ燦々レディーさんが観光スポットとぬまづ茶のPRに、横浜のお次は地元と精力的に活動しておられます。
  
第28期ぬまづ燦々レディーの石野沙依さんと第29期の澤部聖里香さん(沼津農林まつり)
 第28期ぬまづ燦々レディー 石野沙依さん 第29期 澤部聖里香さん
 
 横浜では完全防寒で、もこもこの着ぐるみ状態だった燦々レディーさんでしたが、会場が室内なのはありがたいです。

 
 そろそろ今年選出のなんすんレディさんの委嘱式が始まるようです。
 
「なんすんレディ紹介(委嘱式)」の開始を待つ2016年末選出のなんすんレディさん(沼津農林まつり)
 今年選出されたのはこちらのお一人。
 
 
2015年選出の「なんすんレディ」さん(沼津農林まつり)
 こちらが継続される3人のようでして、昨年のここで委嘱されたのだと思います。(写真は赤目補正の修正をしています。ご了承ください。)
 
 
「なんなんすんレディ紹介(委嘱式)」の模様(沼津農林まつり)
 委嘱式なのですが、授与や挨拶の肝心な場面になると広報さんの背中で視野が遮られるため、観衆はセレモニーの一番いい部分を観ることができません。JAなんすんさんの広報誌にいい写真が載ることでしょうから、そちらを参照してください(笑)。
 
 
「なんなんすんレディ紹介(委嘱式)」直後の写真撮影の模様(沼津農林まつり)
 今度来るときはマニュアル操作でのピント合わせの方法を覚えておこう。何度測光し直してもシャッターが切れる直前に広報さんの背中に焦点を奪われてしまった(泣)ド素人カメラマンは、そう思うのでありました。

認証式後観衆に挨拶するなんすんレディさん(沼津農林まつり)
 第7期なんすんレディさん


 唯一視界が開けたこの時は、なんすんレディさんの役割の大きさと重さがようやく伝わってきた一瞬でありました。
 
 なお、退任される方の登壇(退任式)はありませんでしたが、JAなんすん公式サイトでの告知があり、それによりますと、今回お1人が退任されたとのことです。
 

第6期(2015年12月選出)のなんすんレディさん(第47回沼津農林まつり)
 第6期なんすんレディさん


 上の写真のリーダー格(?)の方にお尋ねしましたところ、写真の掲載は支障ないのですが、継続の方はいずれも積極的な活動時の氏名の公開はされていないようでして、イニシャルやSNSのハンドルネームも出して欲しくなさそうなレベルという雰囲気でした。
 
 氏名は委嘱式でもちろん一般に公開されるのですが、これまたお聞きしましたところ、新任の方も、(ご自身と所属モデルサークルのSNS以外で)ネットに氏名が載ることはあまり望まれていない印象でした。
 
 

市場で「寿太郎みかん」を試食宣伝するなんすんレディさん
 第6期なんすんレディさん(東京中央卸売市場青果市場)


 したがいまして、氏名を公開して通常活動していたのは、2014年選出(延長継続していた2013年選出の1人も今回2016年12月で退任)の方が最後と見られます。

 以上から、当ブログでは、当面(状況が変わらない限り)なんすんレディさんのご氏名は4人とも記載しないことにいたします。地元紙(誌)さんとかはどうするのかな。
 
 
ぬまづ茶の宣伝販売を行うなんすんレディさん(プラサ ヴェルデ きらメッセぬまづ)
 仮に報道にも実名公開なしで、もし今後委嘱式が一般非公開となった際には、当サイトの取扱い対象外となる(平たく申しますと、どこにでもいるスーパーマーケットの食品売り場の宣伝販売員さんと同じになる)ため、ギリギリで微妙なことろであります。
 

第6期(2015年12月選出)なんすんレディさん(第47回沼津農林まつり)
 第6期なんすんレディさん


 判明していますことをまとめますと、なんすんレディは、
・かつては5名体制、現在は4名体制。
・任期2年で毎年2名選出が理想(かつては3名選出、翌年2名選出の繰り返し)だが、満了しないケースが結構ある。
・既婚者の選出機会がかなりある(ご主人の転勤とか出産とかが満了しない要因かな?)。
・逆に、2年の任期が満了したあと延長して3年目に突入するケースもある。
・そのため、欠員が発生した(発生する見込みの)人数を募集している。
ということで今回の募集・選出は1名だったということのようでした。
  
 一般的な観光プロモーションガールのぬまづ燦々レディーと比較してみますと、表のようになります。

ぬまづ燦々レディー vs なんすんレディ(2016年末現在)
ぬまづ燦々レディー なんすんレディ
レディかレディーか 長音「ー」あり 長音「ー」なし
主催 燦々ぬまづ推進委員会(沼津市観光交流課ほか) 南駿農業協同組合(JAなんすん)
ご当地 沼津市 沼津市・裾野市・清水町・長泉町
宣伝対象 観光資源全般(特産物含む)、観光催事 農産物(同加工品、畜産含む)、JAの事業
応募資格※ 18歳以上の明るく元気な女性 18歳以上の明朗な女性 普免AT可
居住地 制限なし 原則静岡県東部地域に居住/勤務/通学
活動人数 第28期2名・29期1名 第6期3名・7期1名
活動時の実名公開 報道発表・ホームページ等で公開 積極的な公開なし(第4期・5期まで公開)
任期 2年間 2年間
待遇 年10万円 活動謝礼 制服 年10万円 活動報酬 制服 紹介者3万円
年間活動日数※ 30日程度 非公表

※いずれも高校生不可。燦々レディーは2017年から年齢制限なし、年間活動日数20日程度、2017年の募集は「2名程度」。
 
 
 さて、今年選出された第7期なんすんレディさんも、さっそく試食宣伝のお仕事に就かれました。
 
2016年12月に就任したなんすんレディさん(第47回沼津農林まつり)
 この方のタスキの肩のところには「静岡」の大きな文字が入っています。東京での活動時にはこの遠征仕様(?)のタスキが使用されていました。

 さらに本格的かつ積極的なJAなんすん&なんすんレディ―の関東圏進出を期待しております。_o_
 

(おことわり)都合により一部写真を削除しました。

この記事をご覧になった方へのおすすめ