第64回中央区観光商業まつり(2016年10月)

第64回中央区観光商業まつり
東日本大震災復興支援チャリティー オープニングイベント 月島会場
主催 中央区(東京都) 中央区観光商業まつり実行委員会
場所 晴海トリトンスクエア グランドロビー
日時 2016年10月3日(月) 14:30-15:00ごろ
交通 勝どき駅(都営大江戸線)歩4分 東京駅丸の内南口から都営バス都05ほか 晴海トリトンスクエア前歩0分
 
 
 近いけどもあまり来ることがありませんでした晴海トリトンスクエア。久々の訪問です。記事投稿まで1か月も経ってしまいましたけど‥。
 
晴海トリトンプラザ(東京都中央区)
 東京駅からはバスが便利なのでおすすめします。
 
 中央区観光商業まつりは、10月3日(月)から11月7日(月)まで。

 そのオープニングイベントは、こちらの5名体制で行われております。

中央区観光大使・ミス中央の早川澪奈さん、ウーデンジェニファー里沙さん、小室絵理さん、曲渕伊代さん、臼井亜沙子さん(中央区観光商業まつり 晴海トリトンスクエア)
中央区観光大使・ミス中央 34代の早川澪奈さん 35代のウーデンジェニファー里沙さん、小室絵理さん、曲渕伊代さん 34代の臼井亜沙子さん

 オープニングイベントの大部分はこのチャリティーイベントでして、35代の3人は見学に回り、1年間活躍された34代のお二人のオペレーションで行われました。
 
第34代中央区観光大使・ミス中央の臼井亜沙子さんと早川澪奈さん(第64回中央区観光商業まつり)
第34代(2015)中央区観光大使・ミス中央 臼井亜沙子さん 早川澪奈さん

 恒例のことなのでありましょうか、最後の活動となるであろう34代の方への、観光協会さんの粋な計らいとお見受けしました。
 
 各会場では区内の協賛社さんからの名産品が区民に配布されます。
 
募金活動を行う第34代中央区観光大使・ミス中央の臼井亜沙子さんと早川澪奈さん(第64回中央区観光商業まつり)
 パンフレットから転載させていただきますと、ここ晴海会場では「名代金鍔 酒種桜あんぱん 匠のバームクーヘン つきじ丸武の玉子焼 静岡焼津産おかか まぐろ金ごま150g 焼海苔切り落し60g 小磯豆(豆菓子) わさび昆布 伊吹イリコ 御守最中 ガーゼ手ぬぐい 人形焼虎家㐂 三木助が金庫に隠したせんべい 七色唐辛子 ほーじ茶 旬のみかん 七福神人形焼 スリムサンド薄焼ビスケット&ミルククリーム イソザキ焼きドーナツ/プチゼリー アルポンテ特製ラスク ドリップバッグセット かりんとまんじゅう ねこせんべい ハイラスクロイヤル(小) うまソース(2種) 本格ソース(お好・焼きソバ・たこ焼三種)」と、組み合わせは選べませんが、手提げ袋いっぱいと何とも豪華でして、行列はかなり前から定員に達していたようでした。
 
 名産品を手にしてご機嫌な区民の方々が、募金をしていく仕組みでありました。なるほど。
 
 
募金箱を手にする中央区観光大使・ミス中央の早川澪奈さん(第64回中央区観光商業まつり)
 満杯になった募金箱を手に、「千円札を何枚も入れてくださる方もいて‥」と感激のご様子。
 
 
 今年選出されました第35代は‥
第35代(2016)中央区観光大使の曲渕伊代さん(晴海トリトンスクエア)
第35代(2016)中央区観光大使 曲渕伊代さん

第35代(2016)中央区観光大使のウーデン・ジェニファー・里沙さん(晴海トリトンスクエア)
第35代(2016)中央区観光大使・ミス中央 ウーデン・ジェニファー・里沙さん

第35代(2016)中央区観光大使の小室絵理さん(晴海トリトンスクエア)
第35代(2016)中央区観光大使・ミス中央 小室絵理さん

 ‥以上の3人の方々です。
 
 埋め立て地に高層マンションがにょきにょきと建って人口増加の東京都中央区。ミス中央の応募者も増えて2014年62名、2015年82名、今年は99名となっていまして、一見穏やかなお嬢さん方ですが、厳しい競争を勝ち抜いた相当な実力者であることになります。
 
 
中央区観光大使のウーデン・ジェニファーさん、小室絵理さん、曲渕伊代さん(晴海トリトンスクエア)
 これから1年間のご活躍が楽しみであります。

(撮影ご協力 中央区観光協会さん)