2016年秋の長崎デスティネーションキャンペーンPR始動

 これは少し前の通りがかりでの撮影なのですが、後で調べますと、SNSで告知されていました。
 
 メディア回りもしておられたようでして、これまた普段は買わない東京版の新聞をその日はたまたま買っていたので載せておきます。
 
長崎観光をPR(2016年7月23日朝日新聞東京版朝刊)
 「長崎観光をPR」(2016年7月23日朝日新聞東京版朝刊)
 
 メディア露出効果でありましょうか。ファンになった(?)のかもしれない男の子、出展店舗のおじさん、地元出身で関東在住の先輩らしき方、大村寿司の試食の感想を述べたくて仕方がないお客さんと、フラワー大使さんの周囲には人気者の彼女と話がしたくて我慢できない人が誰かしら常におられる状態でしたが、僅かな刹那を利用してちょっとお邪魔して写真を撮らせていただきました。
 
大村フラワー大使の鐘江美沙紀さんと長崎県のがんばくん(日本橋長崎館)
 2016年度大村フラワー大使「花菖蒲」鐘江美沙紀さん 右は長崎県のがんばくん
  
 長崎ディスティネーションキャンペーン(DC)の開始が10月とのことですので、7月にPRとは素人としてはずいぶん早いと感じますが、「プレDC」と言って一年以上前から開始することもあるようですので、ごくごく普通のことなのでありましょう。
 
 
2016年度大村フラワー大使「花菖蒲」鐘江美沙紀さんと長崎県のがんばくん(日本橋長崎館)
 こちらのフラワー大使さんとがんばくん、綿密な打ち合わせか相当な経験を積んでおられるのか、動作とポーズがとってもシンクロされています。
 
 そのおかげで、写真を撮影する側の立場から率直に申しまして非常に楽、数分間の滞在で下手な腕前でも自分に期待していたもの以上の写真が撮ることができたのであります。
 このお二人、じゃなかったお一人と一羽の仕事のレベルの高さ、しかと感じました。
 
大村フラワー大使の鐘江美沙紀さんと長崎県のがんばくん(日本橋長崎館)
 こちらの鐘江さん、素晴らしく饒舌かつ滑舌でありまして、それが人気の理由なのでしょう。
 地元でアナウンサーをなさっているのではないかと思うほどでしたが、後ほどネットで調べさせていただきましたところ、ご職業は広告デザイナーとのこと。

 もしこのブログをご覧になれば、このブログの構成や配置には多数の脳内ダメ出しをなさることでしょうけど(笑)、そこは掲載写真の撮影も含めてド素人がやっていることですので、大目に見ていただきたいのであります。
 
大村フラワー大使の鐘江美沙紀さんと長崎県のがんばくん(日本橋長崎館)
 おじゃまいたしました。
 
 東京都中央区に今年3月にできました「日本橋 長崎館」ですが、メトロ日本橋駅のすぐそば、店舗前に広めの軒下スペースがあり雨でもPR活動可能と、抜群の環境です。中も余裕の広さで買い物もしやすいですね。
 お家賃もかなりのものになるでしょうけど、長崎県さん気合入っています。

この記事をご覧になった方へのおすすめ