◆ブラウザのアドレスバーに tourism.lady.jp と直接入力して簡単アクセス
◆ドメインも インターネットアドレスも サイト名と同じ tourism.lady.jp
◆日本のすべての公共ミス・ご当地物産と観光のプロモーションガール(ボーイ・大使・アンバサダー・レディ・娘・小町・女王・クイーン・姫・プリンセス・メイツ・フレンズ・アシスタント・スタッフ・クルー‥)をデータベース化し400件超をリストアップした日本初*のサイト *当サイト調べ
◆トップページでは、ブログの最新記事を表示しています
◆スマートフォン・タブレットでご覧の方は、画面右上の MENUをタップすると、他のページをご覧いただけます
◆成果収入広告なし ブログ会社の広告もなし 完全非営利のサイトです
◆下のブログ記事のタイトル画像をクリック(タップ)すると、この表示を消すことができます

ひとっ飛び!あおもり観光キャンペーンin羽田空港(2019年1月)

ひとっ飛び!あおもり観光キャンペーンin羽田空港
主催 青森県 青森空港振興会議 三沢空港振興会
日時 2019年1月11日(金) 10:30-17:00
   2019年1月12日(土) 10:30-17:00
   2019年1月13日(日) 10:30-16:00
場所 羽田空港第1ターミナル2階 マーケットプレイス内
交通 羽田空港国内線ターミナル駅(京急空港線)・羽田空港第1ビル駅(東京モノレール線)歩3~5分
 
 
 当サイトでは何度も登場しているこの場所でありますが、年に数回の週末に限り、超絶集客可能な特等地をタダでPRに使わせて貰えるという、地方自治体さんや観光団体さんにとっては嬉しいスペースとなっています。ただ、希望するご当地さんは多いことでしょうから、企画競争に勝ち抜ける必要がありますが。
 

 
 
 ただし場所代がタダの場合は物産の販売はできないことになっているようで、そこが少々残念なところであります。でも、
 
 
青森市の「蛇口からりんごジュース」(羽田空港第1ターミナルビル)
 今回はこのようなものが登場していました。「みかん」は何度も拝見していますが、蛇口からりんごジュースは初めて見ました。ネット上の写真と照合しますと、東北新幹線全線開業時に青森市さんが新青森駅に設置していたものを持ってきたようです。
 
 こんなものと馬鹿にするどころか素晴らしい集客効果がありまして、長蛇の列ができております。それならもうネタ作りに「青森りんごガチャ」とか「青森りんごUFOキャッチャー」なんぞも期待したいところです。いや、りんごUFOキャッチャーなんかはもう普通に青森新町通りや八戸中心街のナウいスポットのゲーセンにあって、彼女が「おらあの『サンむつ』がいいの~」とか言って彼が「せば任せてけろ!」とか百円玉何十枚もつぎ込む姿が日常的に見られ()。🍎

 そして、
 
「あおもり紀行キャンペーンスタッフ」あらやさん(羽田空港第1ターミナル)
 あおもり紀行キャンペーンスタッフ あらやさん
 
 こちらの方がお出ましになられています。
 
 
PRイベントの集客に活躍する「あおもり紀行キャンペーンスタッフ」あらやさん(羽田空港第1ターミナル)
 蛇口りんごジュースの次には津軽三味線の演奏披露があるとのことで絶賛集客中でおられますが、「あおもり紀行キャンペーンスタッフ」は非公募ということもありまして、未だに謎に包まれており、何人おられるのかとかどのような方が任用されているのかとか、ほとんど判明しておりません。
 
 
「あおもり紀行キャンペーンスタッフ」あらやさん(「ひとっ飛び!あおもり観光キャンペーンin羽田空港」)
 公式サイトではただ「5名程度」となっていまして、過去に三浦由紀子さんのような大物MCタレントさんがお出ましになられていたことから、同様に、青森県出身で関東地方在住の、フリーアナウンサーさんやモデルさんをタレント事務所を通じて募集しているのではないかと推測します。あるいは青森県在住の人のほうが多いのかも。
 
 
「あおもり紀行キャンペーンスタッフ」あらやさん(羽田空港第1ターミナル)
 と例によりまして、謎を解明することを目的にしつつも進歩がない当サイトでありますが、少なくとも概ね「PRイベントに津軽三味線の演奏があるときは解説MC役でキャンペーンスタッフさんもお出ましになる」との理解に至っています。そしてその「津軽三味線+キャンペーンスタッフ」は、県観光連盟さんのキラーコンテンツと言いますか、数ある青森県の観光PRイベントとその時系列に組み込まれるいくつものプログラムにおいて、「ここぞ」というところにブチ込む切り札的なPRアイテムという位置付けになっているのではないかと思います。